@nifty
BUDO-RA
title
image
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら

2014年12月21日

 太極拳クラス初段を受審した真壁保司君のn-1ルール。
 既に基本、型、移動、推手、パンチの十人組手、蹴りの十人組手を行ったあと、素手の男2人の襲撃が3回、ひとりがナイフを持った二人組が1回、ふたりともナイフを持った襲撃の計5回のn-1をクリアーしなければなりません。
 n-1は、攻め手が右パンチのみ、両手と蹴りあり、つかみあり、タックルあり、寝技ありなど、さまざまなバリエーションがあります。
 今回は最もベーシックな右パンチとタックルのみです。
 現実に最も確率の高い攻めです。
 ただし、受け手は打撃禁止なので、崩しをうまく使わねばなりません。
 攻め手を壁に押しつけたり、地面に倒したりして、とどめをとれば一本です。
 疲れて集中力がなくなったり緊張状態などで出る技が本当の自分の得意技となります。
 各自がそれを見つけるための試みがn-1なのです。(山田)

 

※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
BACK
@nifty top
Copyright (c) 2015 full-com corporation. All Rights Reserved.