@nifty
BUDO-RA
title
image
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら

指導 西良典 和術慧舟會代表

 和術慧舟會代表の西良典氏は、格闘技界で霸王と異名をとる格闘家だ。日本人で初めてヒクソン・グレイシーやロブ・カーマンと対戦した経験を持つ。
  慧舟會を創設した後は、自らの格闘技理念を追求するため、素手の戦いを含む実戦的な総合ルールを模索中だ。
  その長い格闘技経験の中から、和術独特のテイクダウンの技術が生まれていった。一瞬で、合理的に相手を地にたたきつける技は見事である。
  その技の数々は、「達人シリーズ第九巻」で紹介しているが、ここでは双足刈りを紹介する。

2010年11月発売
フル・コム編
「相手を3秒で倒す技50! テイクダウン大全」
(東邦出版刊・定価2300円+税)
 
※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
@nifty top
Copyright (c) 2007 full-com corporation. All Rights Reserved.