@nifty
BUDO-RA
title
image
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら
指導・実演 山田英司 BUDO-RA編集長

 中国武術の戦い方は、何種類かに分類できます。
 受けから反撃への手順は、@封手A封身B化勁C化身のいずれかに分類できます。
 門派により、さまざまな口訣や、戦い方の口訣が伝わっていますが、どのような技も前述の4つの中に組み込まれます。
 以上の4つは陰陽の関係で、五行の中心が錯骨法となります。
 型の中に含まれている技は、実際にそのまま使えるわけではありません。
 そのことを自覚していない修行者がほとんどです。
 中国武術の型は組手では使えない、実戦では使えない、と悩む人も、前述の4つの手順を知らないからです。
 これらは技でなく、入り身の考え方です。
 ボクシングなどでいう、ボクサータイプ、ファイタータイプなどの分類と同じく、戦術的な傾向です。
 どのような技にも最低4つの入り身の方法がありますが、門派によって、重視するものが変わる、というだけです。
 今回、DVDの中から、最も基本的な封手の入り身法のひとつを紹介しました。
 背掌で相手の顔の右側面を狙い、相手の受けを誘い(封手)、技につなげていく、最も初歩的なものですが、大切なものです。(山田)

DVD「中国武術の構造」発売中
詳しくはこちら http://www.fullcom.jp/

 
※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
@nifty top
Copyright (c) 2007 full-com corporation. All Rights Reserved.