@nifty
BUDO-RA
title
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら
img
指導 山田英司 BUDO-RA編集長
 陰と陽と内家拳の関係と言えば、抽象的な議論と思われがちですが、これを純技術的な視点で、今回は解説しました。
 内から外への順圏を陽、外から内への逆圏を陰と考え、陰陽の比率で、内家拳の戦闘法を分類することにより、日本人にもその特色がわかりやすくなるでしょう。
 まず、内から外にひねる順圏(陽)ですが、これは形意拳や八極拳、六合螳螂拳など、前に進みながら、腕のひねりで相手のガードなどを押し崩して攻める、いわゆる攻防一体の拳法に多い動きです。多くの拳法は、攻防一体を理想にしていますので、順圏を攻撃の主体とした動きは、最もオーソドックスなものと言えます。
 順圏は体の中心部から外へ力を伝えるため、イメージとしては、小から大へ、どんどん自分の体が大きくなる気持ちで行います。
 中心から外へ拡散する力を相手にぶつけるため、相手の体は崩れるのです。
 このような力の伝達を、意念で中国人は伝えるため、神秘的に感じられがちですが、純粋に力学上の技術です。ただし、純粋な力学上の技術を身につけるには、抽象的な意念が練習者にとって往々にして効果的だと言うことです。
 逆圏(陰)は外から内に巻き込む動作ですが、これは相手の力を吸収し、自分がどんどん小さくなるイメージです。
 従って、柔らかく受けて、相手の側面に回り込む動きに適しており、八卦掌は、日本の合気道など体捌きを中心にした武道によく見られる動きです。
 全ての拳法には、この陰と陽のひねりが含まれていますが、中でも太極拳は、この両者の動きがほど良くブレンドされています。
 この事実から、太極拳に適した動きとは、一般に思われているような、受け流して崩すだけの拳法ではなく、時には自分から前へ飛び込んで相手を積極的に崩す戦法も、型の中に内包されている事がわかります。
 型とは、常に相手と自分の関係を念頭においてその動きを理解していく事により、初めて戦闘としてのリアリティが生まれてくるのです。



※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
BACK
@nifty top
Copyri ght (c) 2002 full-com corporation. All Rights Reserved.