@nifty
BUDO-RA
title
映像をご覧になるには入会が必要になります。
詳しくはこちら
指導 山田英司 BUDO-RA編集長
 腕を回す動きは、全て順圏(内から外へひねる)と逆圏(外から内へひねる)の2種類に分類できます。
 そのうち、逆圏はストレートや前蹴りなどの直線的打撃に対し有効で、順圏はフックや回し蹴りなどの円を描く打撃に有効な受けと崩しになります。
 防御においては、当然前の手の動きが重要です。右足前に構えた時は、右手が防御の中心となるため、右の順圏の受けに対する想定技として、左フックを取り上げました。
 左フックに対し、徹底的に右の順圏で受ける練習を積むことにより、他の円を描く打撃、例えば手刀、裏拳、バックハンド、回し蹴りなどにも応用がきくようになります。
 さて、左フックに対する右順圏の受けのコツは、相手の肘あたりを自分の肘を張り出すくらいの気持ちで、深くしっかりと受けます。
 これだけでもエルボーブロックとなり、受けの用をなしますが、ここから腕をまいて、さらに相手を崩していきます。
 すなわち、受けが崩しとなり、崩しが攻めと変化していくわけです。ここが他の打撃格闘技と太極拳の違いです。
 太極拳は、受けがそのまま攻撃である、と言い切ることもできるでしょう。
※本サービスのご利用にあたりましては、最新版のRealPlayerをあらかじめインストールしていただく必要があります。
また、パソコンの性能によってはスムーズな映像再生ができない場合があります。トップページにあるサンプルムービーで、あらかじめ再生品質をご確認ください。
BACK
@nifty top
Copyri ght (c) 2002 full-com corporation. All Rights Reserved.