映像・音楽編集講座

Adobe Creative Cloud 機能&連携機能講座 (全17本)

月額2,800円(税込)で数百講座どの講座でも何度でも受講できます。ソフトの基本的な操作方法や制作に役立つ情報が動画で学べるeラーニング講座【動学.tv】すでに購入済みの方は「動学.tvログイン」からログインできます

Adobe Creative Cloud 機能&連携機能講座

講座画面受講時間:120分 サンプルファイルがダウンロードできます

Adobe CC、Adobe Creative Cloudはアドビシステムズが販売するクラウドアプリで、デザイン、映像クリエイターやweb技術者向けのクリエイティブツールを提供するクラウドサービスです。ここでは、製品・サービス間の連携について学習することができます。

すでにサービス登録済の方は右の「ログイン」ボタンより
ご入室いただくことができます。

06ビデオプロジェクトのためのタイトルとグラフィックスの作成 時間:8分 After EffectsやPremiere Proで作成中のコンポジションやシーケンスのビデオフォーマットに合わせたイメージをPhotoshopで作成することができます。
Lightroom での Photoshopファイルの扱いかた 時間:7分 Lightroomのカタログ内の写真をPhotoshopに送り、編集する方法をご説明します。LightroomとPhotoshopの相互で行った編集がどのように取り扱われるのかをご説明します。
PhotoshopとLightroomを使ったパノラマ画像への合成 時間:5分 Lightroomのカタログ内の写真を使い、Photoshopでパノラマ画像へと合成する方法をご説明します。まずLightroomで基本的な補正を行った後に、Photoshopに送ってパノラマ画像に合成します。
PhotoshopとLightroomを使ったHDR画像の合成 時間:4分 Lightroomのカタログ内の写真を使い、PhotoshopでHDR画像へと合成する方法をご説明します。まずLightroomで画像をよく比較します。そしてPhotoshopに送ってHDR画像へと合成しながら、鮮明さや彩度を高める編集も行います。
ベクトルレイヤーからシェイプレイヤーを作成して、After Effectsで簡単なアニメーションを作成する方法 時間:8分 ベクトルレイヤーからシェイプを作成することで、Illustratorで作成したパスの編集がAfter Effectsで可能になります。
SpeedGrade CCとPremiere Proの連携について 時間:4分 Premiere Pro CCからクリップやシーケンスをSpeedGrade CCに送信することで、よりクオリティの高いカラーグレーディングが行うことができます。
クリップにコメントを追加する 時間:6分 Prelude CCでインジェストしたクリップに、コメントをマーカーとして追加できます。追加したコメントはPremiere Pro CCにも反映されます。
Premiere Pro とAfter Effectsのダイナミックリンクを使ったプロジェクトの同期 時間:8分ダイナミックリンクを使うとPremiere Pro とAfter Effects間で編集素材を柔軟に共有することができます。
Photoshop形式で保存されたレイヤーファイルを
Premiere Proで読み込む方法 時間:4分
Photoshop形式で保存されたレイヤーファイルを読み込む場合は、レイヤーファイルの読み込みダイアログボックスでレイヤーの読み込み方法を選択することができます。
Premiere Pro CCとEncore CS6の連携について 時間:14分 Premiere Pro CCで作成したシーケンスをAdobe Media Encoder CCで書き出し、Encore CS6でオーサリングする方法についてご紹介します。
アニメーションプリセットを使用した背景動画の作成 時間:5分 Premiere Proでの作業中にタイトルバックなどの背景動画が必要になる場合がよくあります。そのようなときに大変便利なのが、After Effectsのアニメーションプリセットです。
様々なアートボードから構成された単一のドキュメントの作成 時間:7分チラシ、ポスター、DMといった複数の販促物を1つのドキュメントにまとめて作成します。メインビジュアルとなる画像をPhotoshopで作成し、編集がダイレクトに反映されることを確認します。
コーディングせずに素早くフォトギャラリーを作成 時間:8分 Museを使ってコーディングを全く行わずに、ライトボックスのスライドショーを作成する方法をご説明します。
ベクターグラフィックスを合成して、洗練されたパターンを作成 時間:8分 Photoshopのカスタムシェイプを元に、Illustratorでパターンで塗られたドキュメントを作成します。その後Photoshopに戻り、描画モードやフィルターを使って、質感の高いパターン画像を作成します。
Touch appのファイルをデスクトップで開くには 時間:3分 Touch appで作成して、Creative Cloudに保存したファイルをデスクトップのIllustratorで開き、編集を行います。
多様なツールを使ったデジタル画像の編集 時間:11分 Lightroomの多様な編集ツールを利用して、手軽に画像のバリエーションを作ります。さらにPhotoshopに送って画像作品へと仕上げます。
保護されたイメージカタログの作成 時間:10分 Photshopの自動処理やスクリプトを使ってPDFのコンタクトシートをすばやく作成します。 Acrobat Proで開き、パスワードによる保護や印刷の制限を追加します。
※ Adobe、Adobe After EffectsはAdobe Systems Incorporated
(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。
月額2,800円(税込)で数百講座どの講座でも何度でも受講できます。ソフトの基本的な操作方法や制作に役立つ情報が動画で学べるeラーニング講座【動学.tv】すでに購入済みの方は「動学.tvログイン」からログインできます

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー特定商取引法に基づく表示
Copyright(c) NIFTY 2009 All Rights Reserved.