東京カンテイ|マンションの新駅効果とは? 〜中古マンションの価格は新駅開業によって影響を受けるのか〜

「駅」と「マンション(不動産)」の関係は過去のカンテイアイでも多く掲載されてきたように切っても切れない関係にあります。一般的にマンションというモノを語る場合において「駅」は外す事ができない重要な要素の一つです。マンションで言えば「最寄駅との距離」は大きな価格決定要因であるし、「ターミナル性」や「利便性」など駅独自の特徴がマンションの価格や人気に少なからず影響を与えているというのは周知の事実です。

では、新しく駅が開業した場合、周辺に所在するマンションの価格はどのように変化するのでしょうか?

新駅開業に伴い周辺マンションの相場が大きく上がったとすれば、マンションにとって「駅」はやはり価格決定要因の中でも大きなウエイトを占めることが証明されるでしょう。反対に周辺相場において全く変化の無い場合は、我々の思っていることとは相反する「駅という要因は価格に与える影響が低かった…」となるかも知れません。

そこで当社のデータベースに登録のある1994年以降の「新線新駅」あるいは「既存線新駅」として開業した駅を抽出し、開業前後の駅周辺の中古マンションデータを分析することで、開業前と開業後の周辺マンションの価格変化を調べたのが今回のレポートです。はたしてマンション市場における「新駅効果」は存在するのでしょうか?


[集計の方法]
データは全て東京カンテイ独自のデータベースに登録されているものを使用。
【集計対象】
首都圏(東京都神奈川県千葉県埼玉県)、近畿圏(大阪府兵庫県京都府)、中部圏(愛知県岐阜県三重県)において1994年以降開業した駅周辺の分譲マンションストック

【集計期間】
1994年1月〜 2004年8月

【駅の採用条件】
1994年以降開業した新駅の中から周辺マンションの売事例が潤沢にあるもの。(下の一覧表参照)

1994年1月以降2004年8月までに開業した主な新駅(開業全駅数:152駅)

  主な沿線名 新駅の名称
首都圏
(全100駅)
JR京浜東北線 さいたま新都心
JR横浜線 八王子みなみ野
東京地下鉄丸ノ内線 西新宿
東京地下鉄東西線 妙典
東京地下鉄南北線 本駒込 六本木一丁目 麻布十番 他
都営地下鉄三田線 白金高輪 白金台
都営地下鉄大江戸線 若松河田 牛込柳町 勝どき 赤羽橋 他
ゆりかもめ 日の出 お台場海浜公園 有明 他
東京臨海高速鉄道りんかい線 東雲 品川シーサイド 他
横浜市営地下鉄線 踊場 中田 立場 下飯田
横浜高速鉄道みなとみらい21線 馬車道 元町・中華街 他
東葉高速鉄道線 飯山満 八千代緑が丘 東葉勝田台 他
埼玉高速鉄道線 川口元郷 鳩ヶ谷 浦和美園 他
近畿圏
(全42駅)
JR神戸線 甲南山手
JR東西線 大阪城北詰 北新地 御幣島 他
大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線 松屋町 西大橋 門真南 他
京都市営地下鉄東西線 二条城前 京都市役所前 醍醐 東山 他
神鉄公園都市線 南ウッディタウン ウッディタウン中央
中部圏
(全10駅)
JR東海道本線 尾頭橋
JR関西本線 春田
名古屋市営地下鉄名城線 名古屋大学 茶屋ヶ坂 他

開業年前後における中古マンション価格変化のパターン分類
【A】開業後の価格が明らかに上昇している駅
全般的な特徴〜利便性向上と地域ブランド
【B】開業後の価格がやや上昇している駅
全般的な特徴〜新駅効果は一時的?
【C】開業後の価格がやや下降している駅
全般的な特徴〜都心と郊外の価格推移
都心は横ばい、郊外は超短期新駅効果
【D】「新駅効果」が認められなかった駅
全般的な特徴〜概ね10%以上DOWN
新駅効果がないということは…


ログイン


実際にマンションの価格履歴と賃料履歴を調べてみる
このページの最上部へ