「karuma=カルマ」とは、サンスクリット語で『行為』、そして『原因と結果の周期』を意味します。 日本語では「因果」と呼ばれ、過去に自分が手を染めた悪行が、未来に自分自身に報いとなって還ってくると信じられています。
カルマは悪行(悪い行い)が不幸となって還ってくるという意味だけではありません。誰かを心から愛したり、優しくしたりという善行(良い行い)が幸運となって還ることも多くあります。
カルマタロットはあなたの近い将来に、どのような運命が待ち受け、どんなカルマが影響を及ぼすか、22枚のカードで正確な診断を下します。

カルマタロットは14世紀から発達した伝統的なタロットカードに、日本の密教的なアレンジを加えて誕生した占術です。
あなた自身によってシャッフルされた22枚のカードは善行と悪行が交わるクロス型に配置され、その頂点の4枚が「因」「果」「応」「報」をそれぞれ示します。 これが因果応報配置術と呼ばれる、カルマタロット特有の配置方法です。
運命を暗示するカードを選ぶという行為そのものが、その人が持つカルマを浮き彫りにします。

カルマタロットでは、精神の集中と占いたいことへの具体的なイメージが、何よりも重要です。
占いの精度を上げるには出来るだけ精神を集中させ、無心の状態でカードをシャッフルしてください。最後の4枚から運命のカードを選ぶ際には、画面に手をかざし、「もっとも温かい」と感じたカードを選ぶとよいでしょう。
出たカードが良くないからといって、何度も占い直したりしないでください。真剣さが足りなければ、カードも真剣に応えてくれません。同じメニューを占うのは、2〜3日に1度が限度とお考えください。




このサービスのお問い合わせ先:
info@media-juggler.co.jp
Copyright 2005 Media JuGGLer Co.,Ltd./高橋葉介
Copyright (c) NIFTY 2005 All Rights Reserved.

アット・ニフティトップへ アット・ニフティ会員に登録
個人情報保護ポリシー