@niftyトップ > 会員サービス > Mail@nifty > 電子証明書発行サービス

Mail@nifty電子証明書発行サービス

説明書のバックアップ(エクスポート)

・Microsoft Internet Explorer 6.x

再インストールや使用ブラウザーの変更、他のパソコンでの利用などのため、電子証明書を保存しておくことをお勧めします。
ここでは、 フロッピーディスクに保存する方法をご説明します。

手順

※ここでは Windows XP の画面を使用しています。
1. 電子証明書がInternet Explorerに正しくインストールされていることを確認します。
   
2. フロッピーディスクをフロッピーディスクドライブに入れます。
   
3. メニューバーの[ツール(T)]から、[インターネット オプション(O)]を選択します。
  「ツール」から「インターネット」オプションを選択
   
4. [コンテンツ]タブを選択し、[ 認証書 ]ボタンをクリックします。
  インターネットオプション
   
5. [ 個人] タブ内の証明書ををクリックして選択し、[エクスポート]ボタンをクリックします。
  証明書
   
6. [証明書マネージャのエクスポートウィザードの開始]が表示されたら[次へ]ボタンをクリックします。
   
7. [はい、秘密キーをエクスポートします(Y)]が選択されていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。
  秘密キーのエクスポート
   
8. [Personal Information Exchange-PKCS#12(PFX)(P)]が選択されていることと、[証明書のパスにある証明書を可能であればすべて含む(U)]にチェックが入っていることを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。
  エクスポートファイルの形式
   
9. バックアップする証明書にアクセスするためのパスワードを設定します。
パスワードを入力したら 、[次へ]ボタンをクリックします。
  パスワード
  ※パスワードは確認のため2回入力します。
※このパスワードを忘れてしまうと、バックアップした証明書が使えなくなりますので、必ず控えてください。
   
10. [参照]ボタンをクリックします。
  エクスポートするファイル
   
11. [保存する場所(I)]から[3.5インチFD(A)]を選択して、ファイル名を入力したら[保存]ボタンをクリックします。
  保存する場所
  ※CD-Rなど別の媒体にバックアップする場合は、その媒体がある場所を指定します。
   
12. 保存先とファイル名が正しいことを確認して、[次へ]ボタンをクリックします。
   
13. [証明書マネージャのエクスポートウィザードの完了]が表示されたら、[完了]ボタンをクリックします。
   
  ※ここに表示されているデータは架空のデータです。