@niftyトップ > 会員サービス > Mail@nifty > 電子証明書発行サービス

Mail@nifty電子証明書発行サービス

Outlook 2002の設定

・他人の証明書の登録

Outlook 2002で暗号化メールを送信するには、受信した公開鍵証明書を[連絡先]に登録しておく必要があります。Outlook Express や Netscape Messenger と違い、署名つきのメールを受信しただけでは相手の証明書が自動登録されず、暗号化メールを送信することができませんので注意が必要です。

※受信者(送信相手)の公開鍵を手に入れていない場合、事前にデジタル署名つきメールの受信を行い、連絡先に登録しておくことが必要です。

手順

※ここでは Windows XP の画面を使用しています。
1. 受信した署名つきメールをダブルクリックします。
  受信した署名つきメール
   
2. 差出人の名前を右クリックし、ショートカットメニューより [連絡先フォルダに追加(A)] を実行します。
  「連絡先フォルダに追加」を実行
   
3. 登録画面が表示されます。
   

4.

[証明書] タブをクリックし、相手の証明書を確認します。
( [プロパティ(P)] ボタンをクリックすると、証明書の内容を確認することができます)
  証明書タブ
   
5. [保存して閉じる(S)] ボタンをクリックすると、デジタル署名と送信者が登録され、登録画面のウインドウが閉じます。
  「保存して閉じる」をクリック
受信したメールのウインドウも閉じておきます。
   
  ※ここに表示されているデータは架空のデータです。