@niftyトップ > 会員サービス > Mail@nifty > 電子証明書発行サービス

Mail@nifty電子証明書発行サービス

Outlook2002の設定

・デジタル署名の送信

証明書の保有者がデジタル署名をつけたメールを送信すると、自分の公開鍵を相手に送信し、受信者のメールソフトには、自動的に送信者の公開鍵が取り込まれ、暗号化メールの送信が可能になります。

手順

※ここでは Windows XP の画面を使用しています。
1. メール作成画面の[表示(V)]-[オプション(P)]を選択します。
  表示よりオプションを選択
   
2. 「メッセージオプション」内の[セキュリティ設定(T)]ボタンをクリックします。
  メッセージオプション
   
3. [このメッセージにデジタル署名を追加する(D)]チェックボタンをオンにし、[OK]ボタンをクリックします。
  セキュリティプロパティ
セキュリティ設定が「自動」になっていることを確認します。
   
4. 「メッセージオプション」に戻ったら、[閉じる]ボタンをクリックします。
  メッセージオプション
   
5. 追加した署名を確認するため、メール作成ウインドウの[ファイル(F)]-[プロパティ( I )]を選択します。
  ファイルよりプロパティを選択
   
6. 「セキュリティ」タブを選択し、「デジタル署名をメッセージに追加する(D)」オプションボタンがオンになっていることを確認し、OKボタンをクリックします。
  プロパティ
   
取得した証明書が設定されていない場合、このメッセージが表示されます。その場合は、Outlook 2002「証明書の設定」を参照し、設定を行ってください。
  無効な証明書
   
暗号化メール受信者の公開鍵の受信・設定をする前に[メッセージの内容と添付ファイルを暗号化する]をチェックボックスがオンにしてメールの送信ボタンをクリックすると、このメッセージボックスが表示されます。その場合、まず暗号化メールの受信者から、デジタル署名つきのメールを受信し、登録を行う必要があります。登録方法は「Outlook 2002 他人の証明書を登録する」を参照してください。
  暗号化の問題
   
  ※ここに表示されているデータは架空のデータです。