@niftyトップ > 会員サービス > Mail@nifty > 電子証明書発行サービス

Mail@nifty電子証明書発行サービス

デジタル署名、暗号化メールの送信

・Microsoft Windows メール

あなたがデジタル署名をつけたメールを送信すると、あなたの公開鍵が相手のメールソフトに自動的に取り込まれます。
その後、相手がそのメールソフトから、 あなたがデジタル署名をつけたメールアドレス宛にメールを送る場合は、暗号化メールとして送ることが可能となります。

現在電子署名に対応しているメールソフト

Microsoft Windows メール
Microsoft Outlook Express 5.x〜6.0
Microsoft Outlook 2000/2002/2003
およびNetscape 7.x

手順

※デジタル署名つきメールと暗号化メールの送信の手順はほぼ同じものとなりますが、ここではデジタル署名つきメールの画像を使用しています。
※ここでは Windows Vista の画面を使用しています。
1. メニューバーの[ツール(T)]から、[デジタル署名(D)]を選択します。
暗号化メールの送信の場合は、メニューバーの[ツール(T)]から、[暗号化(E)]を選択します。
  デジタル署名
   
2. 署名(暗号化)のマークがついたことを確認し、通常のメール送信を行ってください。
  メッセージの作成