@niftyトップ > 会員サービス > Mail@nifty > セカンドメール

Mail@niftyセカンドメール

よくある質問(Q&A)

 
Q1 「セカンドメール」を利用するために必要なソフトを教えてください。
Q2 アカウント名の変更ができなかったり、設定に回数制限があるのはなぜですか?
Q3 メールを送信する際にエラーメッセージがでるのですが。
Q4 POPサーバーへのログイン時にパスワードを盗み見される心配はありませんか?
Q5 メールの保存期間とメールボックスの容量を教えてください。
Q6 メールヘッダーについて教えてください。
Q7 エラーメッセージの意味を教えてください。

Q1 「セカンドメール」を利用するために必要なソフトを教えてください。
A1 メールソフトの代表例として、Windowsでは「Microsoft Outlook」「メールアプリ」、Macintoshでは「メール」などがあります。
主要メールソフトの設定方法はこちらをご覧ください。
なお、セカンドメールはWebメールに対応していますので、 メールソフトをお持ちでない方でもご利用いただけます。
  ↑このページの先頭へ
Q2 アカウント名の変更ができなかったり、設定に回数制限があるのはなぜですか?
A2 メールアドレスは、メールを送受信する際に、ネットワーク上であなたを特定する名前となります。
そのため、1度利用されたメールアドレスの再利用は、ネットワーク利用者に混乱を招くのでいたしません。
アカウント名の発行、廃止を繰り返すと、取得できないアカウント名が増えてしまいますので、このような制限を設けました。
アカウント名は慎重に登録するようお願いいたします。
  ↑このページの先頭へ
Q3 メールを送信する際にエラーメッセージがでるのですが。
A3 メールの送信時に認証を必要としますので、お使いのメールソフトでにて認証設定をご確認ください。
  ↑このページの先頭へ
Q4 POPサーバーへのログイン時にパスワードを盗み見される心配はありませんか?
A4 インターネット経由でご利用の場合は、SSL認証の設定を推奨いたします。
SSLは認証の際に暗号化通信を行うため、パスワードを盗み取られる心配なくインターネット経由のメール受信を比較的安全に行うことが可能です。
  ↑このページの先頭へ
Q5 メールの保存期間とメールボックスの容量を教えてください。
A5 あなた宛に届いたメールはサーバーのメールボックスに保存されています。
保存期間に制限はありません。また、メールボックスの容量は10GBとなっています。

なお、Outlook Expressなどのメールソフトでメールを受信する場合、「受信したメールはサーバーに残さない」ように設定すれば、メールをご自分のパソコンのメールソフトで保存することができます。
また、「サーバーから削除するまでの保存期間を指定する」こともできます。 詳しくはこちらをご覧ください。
 
「受信したメールはサーバーに残さない」と設定した場合には、メールボックスからも削除されますのでご注意ください。
「受信したメールはサーバーに残さない」設定にした場合、受信したメールはWebメールで見られなくなりますので、ご注意ください。
メールボックスの総容量を越えた場合は、新規メールの着信が不能になります。
(送信者に対してエラーメールを返信します)。
セカンドメールでは、システムの仕様により、一時的に本来のメールボックス容量の最大値以上に、メールが保存されることがあります。その場合、Webメールで表示されるメールボックス使用状況が、メールボックス容量の最大値よりも多く表示されますが、一時的なものであり、システムトラブルではありません。
  ↑このページの先頭へ
Q6 メールヘッダーについて教えてください。
A6 主なメールヘッダーについてはこちらをご覧ください。
  ↑このページの先頭へ
Q7 エラーメッセージの意味を教えてください。
A7 POP/SMTPサーバーへのアクセス時に、サーバー側からメールソフト側に送出するメッセージの代表例は以下のとおりです。
なお、メールソフトによっては必ずしも当該エラーに対応したメッセージが表示されずにメールソフト独自のメッセージが表示される場合があります。

SMTPサーバーからのメッセージ(送信時)
コード エラーメッセージ 内容
451 timeout (#4.4.2) タイムアウト(約10分)が検出された場合のメッセージです。
552 sorry, that message size exceeds my databytes limit (#5.3.4) 送信可能なメールサイズ(20Mbyte)を越えた場合のメッセージです。
メールサイズは、メールヘッダーも含んで計算します。
553 sorry, that domain isn't in my list of allowed rcpthosts (#5.7.1) ドメイン名が不正な場合のメッセージです。ドメイン名が正しく入力されているか確認してください。
554 too many hops, this message is looping (#5.4.6) サーバーがループしているとみなした場合のメッセージです。Received: 行が多すぎる場合に出力されます
you have no account here ログインしようとしているサーバーにアカウントがない場合のメッセージです。サーバー(mba.nifty.ne.jp/mbb.nifty.ne.jpなど)の指定が正しいか確認してださい。
sorry, you must get POP/APOP authorization. POP による認証がされていない場合のメッセージです。SMTPでメールを送信する前に POP/APOPでの認証を得る必要が有ります。サーバーからメールを受信する作業(メールチェック)をしてください。

POPサーバーからのメッセージ(受信時)
エラーメッセージ 内容
authorization failed 認証に失敗した場合のメッセージです。
POPアカウント/パスワード/POPサーバーの指定が正しいか確認してください。
  ↑このページの先頭へ