@niftyトップ > 会員サービス > Mail@nifty > メール使い方マニュアル > メール送信における認証方式の一本化

Mail@niftyメール送信における認証方式の一本化

SMTP認証への一本化

 

@niftyメール、セカンドメール、セカンドメールPRO、サンリオキャラクターアドレス、メアドプラスのメールサービスを利用し、メールソフトからメールを送信する際の設定を、「SMTP認証」に統一いたしました。

これまで利用可能であった「POP before SMTP」を利用したメール送信については、2014 年8 月20日(水)を持ちまして、提供を終了させていただきました。

本施策は、ウイルスメールなどによる意図しない迷惑メールの大量送信が増加傾向にあるため、そうした迷惑メールの大量送信の防止によるセキュリティ強化を目的として実施したものとなります。

本施策による影響について

 

メールソフトの設定において、SMTP認証にチェックがついていない場合には、 2014年8月20日(水)以降、メールの送信ができません。

 ※Webメールを利用したメールの送受信に関しましては、通常通りご利用が可能です。

SMTP認証の設定方法

 

SMTP認証は、各メールソフトによって、「SMTP認証」という表記ではなく、「認証が必要」など、表記が異なります。
SMTP認証の設定が有効になっているかを確認する場合には、以下のメールソフトの設定方法ページから、お使いのメールソフトを選択いただき、「認証が必要」となっている部分にチェックが必要かをご確認ください。

会員サポート:メール送信時の認証を有効にする方法を教えてほしい。

例)Windows Live メール 2012/2013
例)Windows Live メール 2012/2013

SMTP認証とは

 

メールの送信時に使用している送信メールサーバー(SMTPサーバー)でユーザー名とパスワードの認証を行う仕組みです。
メール送信者が本来のサービス利用者かどうかを確認することで、迷惑メールの大量送信などメール送信の不正利用を防止することができます。

 ※設定するユーザー名とパスワードはご利用のメールサービスにより異なります。

よくある質問(Q&A)

 
 メールソフトの名前やバージョンを確認する方法を教えてほしい。
 セカンドメールや旧infoweb追加メールアカウントのメールアドレスでもメール送信時の認証の設定は必要ですか。