@niftyトップ > 会員サービス > Mail@nifty > セカンドメールPRO

Mail@niftyセカンドメールPRO

メールソフトの設定情報

 
SMTPサーバ sp.nifty.com
SMTP認証 チェックが必要です
POPサーバ sp.nifty.com
POPアカウント

あなたが設定したアカウント名@sp*.nifty.com
(メールソフトによって呼び名、書式が異なります。)
※POPアカウントにはメールアドレスをすべて入力してください。

Netscape Messenger4.x、MacintoshのOutlook Express 5.02をお使いの方は、ソフト側が@マークを含むアカウントに対応していませんので、@マークを、%(パーセント)に置き換えて設定してください。
POPアカウントの設定を「アカウント(ユーザー名)+POPサーバー」として一項目内で入力するメールソフト(Eudora、PostPet Ver.2.0(Macintosh版)など)では、POPアカウントを以下のように設定してください。
  あなたが設定したアカウント名%sp*.nifty.com@sp.nifty.com
例)メールアドレスが「oomori-taro@spa.nifty.com」の場合
  POPアカウント: oomori-taro%spa.nifty.com@sp.nifty.com
POPパスワード あなたが設定したパスワード
メールアドレス あなたが設定したアカウント名@sp*.nifty.com
 
本サービスをご利用いただくためには、SMTP認証に対応したメールソフトが必要となります。SMTP認証に対応したメールソフトはこちらをご覧ください。
POP/SMTP over SSLをご利用いただくためには、対応したメールソフトが必要とな ります。
対応したメールソフトについてはこちらをご覧ください。
このサービスで発行されるメールアドレスで、@niftyにログインすることはできません。
@niftyにログインするときは@nifty IDまたは@niftyユーザー名をお使いください。
メールの送受信がうまくいかない場合は、よくあるご質問(Q&A)もあわせてご確認ください。
POP/SMTP over SSLを利用する場合には、こちらをご覧ください。
   
 メール送信時の制限について
 
メールソフト設定例
【Windows】 【Mac】
メールアプリ メール
 
POP/SMTP over SSLの設定例はこちら
 
「25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)」の提供について
近年、@niftyなどのプロバイダが提供するメールサーバーを経由せずにウイルスメールや迷惑メール、フィッシングメールなどが多数送信されるようになり、セキュリティ上非常に問題になっています。
ニフティではお客様およびインターネット利用者の安全の向上を測るため、この度「25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)」および、サブミッションポート(Port 587)を提供します。

※「25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)」および、サブミッションポート(Port 587)の提供について詳しくはこちら

メールソフトの設定を変更することでこのサービスをご利用いただけます。
また、設定を変更しなくても従来どおりのサービスはご利用いただけます。