@niftyトップ > 会員サービス > Mail@nifty > メール使いこなし術 > メールの基本的マナー

Mail@niftyメール使いこなし術

メールを送信する場合のマナー


読みやすい文章を心がけましょう。
受け取る人のことを考えて、メールを送信する前に、読みやすいか、わかりにくい・誤解を招く表現はないか読み直してみましょう。

題名(Subject:)は目的がわかりやすいように簡潔にする。
例:待ち合わせ場所のメールを送る場合
 ○:題名「**月**日の待ち合わせ場所です」
 ×:題名「こんにちは」

適度に改行を入れる。
メールの本文は1行あたり、全角で30〜35文字(半角は60〜70文字)程度で改行を入れると良いでしょう。

段落など文章の区切りで適度に空白行を入れましょう。
行間にスペースがあると読みやすくなります。

半角カナは使わない。
受け取った相手のパソコンの環境によっては、半角カナは正しく表示されず読めない場合があります。

機種依存文字は使わない。
○で囲まれた数字や半角カナは「機種依存文字」といって、すべてのパソコンで正しく表示されるわけではありません。
パソコンによっては読めない場合がありますので、記号などを使う場合は気をつけてください。

大きすぎる添付ファイルは送らないようにしましょう。
添付ファイルが大きすぎると相手が受け取る場合にも時間がかかります。
圧縮するなどして、添付ファイルが大きくならないように注意しましょう。

HTMLメールは相手に確認してみる。
HTMLメールは文字に飾りをつけたり、表現が豊かになりますが、相手のメールソフトによっては表示できない場合があります。
また、最近ではメールを開くだけで、感染してしまうコンピューターウイルスもでてきたため、嫌がる人もいるかもしれません。
HTMLメールを送りたい場合は、相手に確認してみると良いでしょう。

署名(シグネチャ)をつけましょう。
メールの最後には署名をつけるのが一般的です。
あまり長いと嫌がれますので5行程度が良いでしょう。
プライベートでメールを使う場合には、トラブル防止のために、住所や電話番号などは書かずに「名前」「メールアドレス」など必要最低限な情報にとどめておきましょう。


メールを受信したときの注意点


チェーンメールに注意しましょう。
「友達にも転送してあげましょう」など、やたらと転送を促すようなメールをチェーンメールといいます。
チェーンメールが届いたとしても転送しないようにしましょう。
たくさんの人がチェーンメールを転送すると、メールサーバーに負荷がかかって、普通のメールも届きづらくなったりしてしまいます。

メールの内容をむやみに公開しない。
メーリングリストなど大勢でメールのやり取りをする場合もありますが、メールも郵便と同じく基本的には個人同士の手紙です。
メールの内容を相手の許可なく、掲示板などに公開するのはやめましょう。