@niftyトップ > 会員サービス > Mail@nifty > @niftyモバイルメールプラス

Mail@niftyモバイルメールプラス

注意事項

 
通知条件は、iso-2022-jp形式以外のエンコードされたメールに対し、正常に動作しない場合がございます。
追加料金は、設定した月から設定を解除した月までかかります。
例えば、月末に設定した場合でも、その月から追加料金が発生します。
また、月初に解除した場合でもその月の追加料金が発生します。
同月内に設定、解除を繰り返しても料金は月額200円(税抜)です。
ご請求総額に1円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨ててご請求 させていただきます。
アドレス変換転送機能は、NTTドコモ、au、Softbankの携帯電話からご利用いただけます。(一部機種除く)
iPhoneではアドレス変換転送機能をご利用いただけません。
PHSからはアドレス変換転送機能をご利用いただけません。
auの携帯電話機種のうち、以下の機種は本サービスに対応しておりません。
・A5506T (TOSHIBA)
・A5505SA (SANYO)
・W21H ( 日立 )
・A5302CA(カシオ)
・TU-KA TK-51(京セラ)
・W54SA(SANYO)
・Sportio(TOSHIBA)
携帯電話でドメイン指定などをされている場合には下記のメールアドレス・ドメインを有効にしてください。
* ご利用になる@niftyメールアドレス
 例) abc12345@nifty.com、oomori-taro@nifty.comなど
* 「@m.nifmail.jp」(アドレス変換転送をご利用の場合)
アドレス変換転送をご利用の場合、複数の@niftyメール(セカンドメールも含む)を、1つの通知先アドレス(携帯電話のメールアドレス)に対して設定することはできません。
通知先アドレスに携帯電話以外のメールアドレスを設定されている場合、アドレス変換転送を利用しての返信はできません。
NTT ドコモの携帯電話でアドレス変換転送をご利用の場合、 38文字以上のメールアドレスに対しては送信できません
NTT ドコモのspモードではアドレス変換転送をご利用いただけません。
メールアドレスに「 [ ( ) < > , ; : \ [ ] # | & ' " ` ? ] 」の文字列が含まれていると登録できません。
 
Softbankの携帯電話で全文転送をお使いの場合、携帯電話会社の仕様により、携帯に着信したメールの件名に「Bcc」が表示される場合があります。
 
メアドプラスについては、アドレス変換機能には対応していません。返信はメアドプラスのアドレスではなく、@niftyメールのアカウントのアドレスで返信するようになっています。
 
フィルタリングの条件設定、転送時間帯の設定など、詳細設定はパソコンの設定画面でのみ行えます。iモード/EZweb/Yahoo!ケータイからは詳細設定はできません。
 
転送設定は添付ファイルも転送しますが、携帯宛ての転送は、事業者によって添付ファイルが届かないことがあります。
また、容量の大きい添付ファイルの場合は、エラーメールが転送元のアドレスに返信される場合があります。
 
次の場合、着信通知からメール本文を正しく閲覧できないことがあります。
その場合はケータイ版Webメールの「メール一覧」からメール本文を閲覧するようにしてください。
・着信通知が届いた直後(暫くすれば閲覧できます)
・着信通知が届いてから数週間が経過した場合
・メールソフトなどでメールボックスからメールそのものを削除した場合
(メールそのものがあるか確認してください)
 
メール本文が長い場合、メールの件数が多い場合はタイムアウトになることもあります。
 
設定画面が正しく表示されない場合、パソコンのリソース不足が考えられます。
その場合は、ほかのプログラムを一旦終了して、再度設定画面を表示してみてください。
 
圧縮設定を行っている場合、送信されるメールは100KBまでとなります。100KBを超えた場合は、以降のテキストを省略します。
 
圧縮設定を行っている場合、本文がUTF-8でbase64エンコードされたメールは転送しません。
 
エラーメールがメールボックスに到着した場合、携帯電話へは着信を通知しません。
(例:Return-pathが「MAILER-DAEMON@ドメイン名」または「Postmaster@ドメイン名」など)

これは「モバイルメール」とは別にメールの転送をしていると、転送先のメールボックスの仕様により、容量を越えた際のエラーメールなどがループすることがあるためです。
 
下記のヘッダを付加している携帯でアドレス変換転送をご利用の場合、送信先に変換前のアドレスが表示される可能性があります。
・Sender:
・Resent-sender:
・Resent-from:
 
「メール転送」「スパムメールブロック」との関係は以下の通りです。
「メール転送」で廃棄対象(ゴミ箱ではありません)となったメールは着信を通知しません。
Webメールのフィルター編集(振分け設定/スパムメールブロック)を行っていた場合、ゴミ箱に振り分けたメールも転送されます。
 
「メール転送」「スパムメールブロック」との関係
「メール転送」「スパムメールブロック」との関係