@niftyトップ > 会員サービス > Mail@nifty > メール使いこなし術 > トラブル体験談と対策

Mail@niftyトラブル体験談と対策

メールのセキュリティ対策

今や日常的なコミュニケーションツールとしてすっかり定着したメール。しかし、その手軽さと引き換えに、ウイルス感染などの危険もついてまわります。
ここでは、メールを日常的に使う上で遭遇しうる危険と、その対策について考えてみましょう。
メールを取り巻く「危険」には、どのようなものがあるの?
メールを取り巻く危険には、主に次のようなものがあります。
1.ウイルス 2.スパムメール 3.なりすまし
ウイルスイメージ スパムメールイメージ なりすましイメージ

1.ウイルス
ウイルスイメージ コンピューターに悪事をはたらく、不正プログラムのことを「ウイルス」といいます。

ウイルスの感染経路の90%以上がメールと言われています。
ウイルスに感染すると、自分のコンピューターが破壊されてしまうなど、被害者になってしまうだけでなく、ネットワークを介して、ほかの人のコンピューターにも破壊活動を行ってしまう、つまり加害者になってしまう可能性もあるのです。
ウイルスって、どんな風に危険なの?(被害体験談)


2.スパムメール
スパムメールイメージ 出会い系サイトなどの広告メールなど、あなたの了解を得ず、一方的に送ってくる不愉快なメールのことを「スパムメール(迷惑メール)」といいます。

このようなメールは、送信をやめてもらおうとメールに返信したりすると、かえって危険です。あなたのメールアドレスが確実に存在することを、相手に知らせてしまいます。
スパムメールって、どんな風に危険なの?(被害体験談)


3.なりすまし
なりすましイメージ 悪意のある第三者が、あなたやほかの人のふりをしてメールを送ることを「なりすまし」といいます。

受信メールは、送信元や返信先、中継してきたサーバー名などの情報をヘッダーという部分に含んでいます。しかし、悪意のある第三者は、これらの情報を書き換えるなどして他人になりすますことができてしまいます。
例えば、AさんとBさんのメールアドレスを知っている悪意あるCは、送信元アドレスにAさんの名前を書くなどヘッダー部分を書き換えて、Aさんになりすますことが可能です。
重要な内容のメールをやりとりするときなど、そのメールの送信者が本物であることを証明できる方法は、非常に重要となります。
なりすましって、どんな風に危険なの?(被害体験談)