@niftyトップ > 会員サービス > Mail@nifty > メール使いこなし術 > トラブル体験談と対策

Mail@niftyトラブル体験談と対策

メールのセキュリティ対策

セキュリティ対策として有効な、メールソフトの設定方法です。

メールソフトの最新版をインストールする方法

 
■Windows XP 「Outlook Express」の場合
 
1. Windows XPの「スタート」メニューから「Windows Update」を起動する。
「スタート」メニューの画面
 
2. 「更新をスキャンする」をクリックして表示された画面で、「更新の確認とインストール」をクリックする。
Windows Updateの画面
 
3. インストールできる更新がある場合は、画面に表示されます。
「今すぐインストールする」をクリックして、「使用許諾契約」に「同意する」を選択すると、ダウンロードが始まります。ダウンロード完了後は、画面に表示される指示に従ってください。
←元のページに戻る 

ウイルス感染を予防するメールソフトの設定方法

 
■Windows XP 「Outlook Express」の場合
 
1. Outlook Expressの「ツール」メニューから「オプション」を選ぶ。
Outlook Express「ツール」→「オプション」
 
2. 「セキュリティ」タブをクリックし、「使用するInternet Explorerセキュリティゾーンを選択してください」のボタンで、「制限付きサイトゾーン」にチェックをつける。
  さらに、「ほかのアプリケーションが私の名前でメールを送信しようとしたら警告する」にチェックをつける。
Outlook Express「セキュリティ」タブ
 
3. 次に、「読み取り」タブをクリックし、「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」にチェックをつけ、HTMLメールを受け取ったときに、最初はテキスト形式で表示するようにする。
Outlook Express「読み取り」タブ
 
4. また、「全般」タブをクリックし、「起動時に[受信トレイ]を開く」のチェックを外し、メール本文を開いただけで感染してしまうウイルスに対処しておく。
Outlook Express「全般」タブ
←元のページに戻る

スパムメールを削除するメールソフトの設定方法

 
■Windows XP 「Outlook Express」の場合
 
1. Outlook Expressの「ツール」メニューから「メッセージルール」の「メール」を開き、「新規作成」ボタンをクリックする。
Outlook Express「ツール」→「メッセージルール」→「メール」
 
2. 「1.ルールの条件を選択してください」の項目で、「件名に指定した言葉が含まれている場合」にチェックをつける。また、「2.ルールのアクションを選択してください」の項目で、「サーバーから削除する」にチェックをつける。
すると、上で選択したものが「3.ルールの説明」に青字で表示される。
Outlook Express「メッセージルール」画面
 
3. 表示された青字の「件名に指定した言葉が含まれている場合」をクリックし、新たに開いたウインドウに、スパムメールを特定するためのキーワードを入力する。
例えば、「未承諾広告」と入力し「追加」すれば、件名に「未承諾広告」と書かれたメールがスパムメールとして扱われるようになり、メールサーバーからダウンロードせずに削除するようになる。
Outlook Express「メッセージルール」画面
 
このほかにも、さまざまに条件を組み合わせれば、細かにスパムメールを指定することができる。
←元のページに戻る