@niftyトップ > 会員サービス > Mail@nifty > ウイルスバスター for @nifty Mail

Mail@niftyウイルスバスター for @nifty Mail

ワーニングメッセージについて

 
ウイルスを駆除(または削除)したメールは、ワーニングメッセージとともに、あなたのメールボックスに届けられます。

ワーニングメッセージとともに届いたメールは、ウイルスを駆除(または削除)しているので感染の心配はありませんが、現在被害が広まっている「WORM_BADTRANS.B」ウイルスなど、コンピュータウイルス自身にメール送信機能があり、メールソフトには送信履歴を残さずに、知らない間にメールを送信してしまうウイルスもあります。

メールを送信した覚えがないのに、ご自分のアドレスからワーニングメッセージが届いた場合は、ウイルス駆除ソフトでご自身のパソコンがウイルスに感染していないかチェックすることをお勧めします。

なお、ウイルス駆除ソフトをお持ちでない方は、トレンドマイクロ社の提供するウイルスチェックを使用することで、ご自身のパソコンがウイルスに感染していないかチェックすることができます。
トレンドマイクロ社提供「オンラインスキャン」 また、ウイルスに感染してしまった場合の対応策などはセキュリティ@niftyでご案内しています。予防策などもご案内していますのでご覧ください。

ご注意
「WORM_BADTRANS.B」など、本文なしで添付ファイルだけを送るウイルスの場合、「ウイルスバスター for @nifty mail」から送られるウイルス報告メールの本文が、 添付ファイルとして認識されることがあります(本文がない状態になります。)
この添付ファイルをメモ帳などのテキストエディタで開くと、メールソフトが文字コードを誤認するため、文字化けしています。 この場合でも、ウイルスは正常に駆除されており、またお客様のパソコンも正常な環境なので、どうぞご安心ください。

ワーニングメッセージの書かれたメールの発信元アドレスは送信専用となっています。
発信元アドレスにお問い合わせいただいても回答できません。

サービスに関するお問い合わせは、お問い合わせ窓口へお願いいたします。


ワーニングメッセージ サンプル


 本サービスをご利用のお客様がウイルス付きのメールを受信した時
■コンピューターウイルスを駆除した場合のメッセージ
■添付ファイルを削除した場合のメッセージ


■コンピューターウイルスを駆除した場合のメッセージ
  メールソフト表示イメージ
メールソフト表示イメージ

  Webメール表示イメージ
Webメール表示イメージ



■添付ファイルを削除した場合のメッセージ
  メールソフト表示イメージ
メールソフト表示イメージ

  Webメール表示イメージ
Webメール表示イメージ
一部のメールソフトやWebメールの場合、テキストの添付ファイルが本文に続いて表示されるため、上のように表示されます。

ウイルスに感染した場合の対処方法はセキュリティ@niftyの「感染してしまったら」項目をご覧ください。



特定商取引法に基づく表示