@niftyトップ > 会員サービス > Mail@nifty > ウイルスバスター for @nifty Mail

Mail@niftyウイルスバスター for @nifty Mail

メールソフトの設定方法

 
受信するメールに対して、ウイルスバスターを有効にする場合
特に設定を変える必要はありません。
サービスの申し込みが完了すると、ウイルスバスターが有効になります。
 
■メールソフトの設定情報
  @niftyメール セカンドメール キャラクターアドレス
アカウント名 メールアカウント部分
(メールアドレスの@より左側)を入力
メールアドレスすべてを入力
例)username@mb*.nifty.com
例)username@*****.jp
SMTPサーバー smtp.nifty.com vs2nd.nifty.com vschar.nifty.com
SMTP認証設定 チェックボックスに
チェックする(※1)
チェックボックスに
チェックする(※2)
 
メールソフトによっては「SMTP(送信メール)サーバの認証設定」にチェックを入れないと、ウイルスバスターが有効にならない場合がありますので、ご注意ください。
(※1) @niftyメール
チェックを入れないと、ウイルスバスターは無効ですが、メール送信は可能です。
(※2) セカンドメール、キャラクターアドレス
チェックを入れないと、ウイルスバスターは無効となり、メール送信もできません。
 
会社や学校などLAN環境からご利用の場合は、環境によって一部ウイルスバスターが有効にならない場合があります。ネットワーク管理者の方にご確認いただくか、Webメールでの利用をお勧めします。
 
@niftyご入会と同時にこのサービスを設定された方は、「はじめてメールソフトをご利用になる場合」もご覧ください。
 
「25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)」の提供について
近年、@niftyなどのプロバイダが提供するメールサーバーを経由せずにウイルスメールや迷惑メール、フィッシングメールなどが多数送信されるようになり、セキュリティ上非常に問題になっています。
ニフティではお客様およびインターネット利用者の安全の向上を測るため、この度「25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)」および、サブミッションポート(Port 587)を提供します。

※「25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)」および、サブミッションポート(Port 587)の提供について詳しくはこちら

メールソフトの設定を変更することでこのサービスをご利用いただけます。
また、設定を変更しなくても従来どおりのサービスはご利用いただけます。

■「25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)」の影響を受けるお客様へ
 サブミッションポート(587番)設定方法( Outlook Express 6.x )

  @niftyメール セカンドメール キャラクターアドレス
SMTPポート番号 587

特定商取引法に基づく表示