@niftyトップ > 会員サービス > Mail@nifty > Webメール

Mail@niftyウェブメール

消せるメール機能は、2016年9月30日をもちまして、提供を終了させていただくこととなりました。

ご利用中のお客様には、これまでのご愛顧を深く感謝いたしますとともに、ご不便をお掛けいたしますことをお詫び申し上げます。

■終了までのスケジュール

2016年6月30日 15時をもちまして、消せるメールの送信・配送状況の確認・送信取消ができなくなります。
2016年9月30日 15時をもちまして、受信者に届く案内メールに記載されているアドレスをクリックしてもメールの閲覧はできなくなります。

消せるメール

消せるメールは、間違えた内容を送ってしまったり、宛先を間違えてしまったメールを相手が読む前であれば、取り消す(相手に読まれないようにする)ことができる機能です。 Webメールを利用して送信するメールについて、消せるメールとして送信することができます。

消せるメールの使い方

消せるメールの送り方

メール作成画面で、「消せるメールとして送信」にチェックを入れます。

※携帯電話のメールアドレスに送信した場合、携帯電話からメールが読めない場合があります。

新規作成画面

消せるメールの取り消し方

Webメールの送信済みフォルダーから該当するメールを選択し、「配達状況を確認する」ボタンをクリックすると、送信した相手がメールを開封したかどうかを確認することができます。「未開封」になっている送信先については、送信を取り消すことができます。

※コメントを利用して、取り消す理由を説明しましょう。

メール配達状況画面【メール配達状況画面】

消せるメールが送られてきたら

@niftyのWebメールで受信した場合:

@niftyのWebメールで受信した場合、メールが取り消されていなければ、通常のメールと同じように見えます。

メールが取り消されていた場合のみ、メール本文画面上で、取り消された旨のメッセージが表示されます。

取り消されていた場合の画面

メールソフトなど、Webメール以外で受信した場合:

消せるメールとしての案内メールが届くので、メールに記載されているアドレスをクリックします。

パスワード入力画面が開きますので、入力欄にパスワードを入力して、「メールを読む」をクリックするとメール本文を読むことができます。

※メールに記載されているアドレスは、送信日から90日間を経過すると消せるメールを確認することができなくなります。

※パスワードは1メールアドレスに付き、1パスワードの設定です。

※受信者が一度設定すれば、その後はパスワードを登録する必要はありません(入力は必要です) 。

メールソフトなど、ウェブメール以外から見た場合

取消済み場合はメール本文に下記の内容が入ります。

※受信者が一度設定すれば、その後はパスワードを登録する必要はありません(入力は必要です)

取消済み内容

消せるメール確認後の操作

メールソフト等、Webメール以外で受信した場合の画面では、メールを確認した後に、以下の操作を行うことができます。

メールボックスに送信:

「メールボックスに送信」ボタンをクリックすれば、通常のメールとして、自分のメールボックス宛に送信できます。

削除する:

このメールを消せるメールのサーバー上から削除します。アドレスをクリックしても確認できなくなります。

※削除すると元に戻すことはできません

消せるメール画面【消せるメール画面】

ご注意

※一度取り消したメールを、元に戻すことはできません。

※送信したユーザーが@niftyから退会した場合には、メールは削除されます。