@niftyトップ > 会員サービス > Mail@nifty > Webメール

Mail@niftyWebメール

ご意見・ご要望への回答

Webメールにつきまして、お客様から寄せられました「ご意見・ご要望」に回答させていただきました。
このページの内容につきましては、随時更新を行ってまいります。

メールをまとめて選択することができない

Webメールでは、チェックボックス、またはShiftキー、Ctrlキーを利用 してメールの複数選択ができます。さらに多くのメールを選択する(フォルダー内のメールをすべて選択する)場合には、「Ctrl+A」のショ ートカットキーを利用することで、最大300件までの選択が可能となります。

まとめてメールを選択するケースは、フォルダー内のメールを削除したいときに利用することが多いと思います。@niftyメールのメールボッ クスは、5GBの大容量・保存期間無期限なので、フォルダーを作 成し、メールを自動で振り分けたり、無料の迷惑メール対策サービスを利用することで、削除せずにメールを保存すること をお勧めします。

【2012年10月17日更新】
チェックボックスの選択範囲を拡大し、複数メールの選択時の誤操作(「選択したはずのメールのチェックボックスが外れてしまう」など)に ついて改修を行いました。

メール本文が改行されない【2012年10月17日更新】

お客様の指定する文字数での改行が可能になりました。初期設定では、これまで通り、改行されない設定となっていますので、ご自身での設 定変更をお願いいたします。
メール設定>詳細設定より、改行文字数を変更することができます。

また、印刷設定時の改行についても、改修を行い、1行の文字数が多い場合には自動的に改行し、用紙に全文が印刷されるようになりました 。

フォルダー内のメールを一括削除できない

@niftyメールのメールボックスは、5GBの大容量・保存期間無期限なので、削除せずにメールを保存することをお勧めしており、フォルダー 内のメールを一括削除できない仕様となっております。

なお、不要なメールは、無料の迷惑メール対策サービスを利用することで、受信自体を拒否したり、「迷惑メール」フォルダーへの振り分け が可能です。

「ごみ箱」、「迷惑メール」フォルダーについては、初期設定として7日間での自動削除を行っています。
すぐにこのフォル ダー内のメールを削除したい場合は、一括削除の機能もご 利用いただけます。

メールの検索に失敗する(メールの検索がエラーになる)

検索窓からの簡易検索について、検索結果の表示速度の改善を行いました。
検索範囲を「題名または差出人」と絞り込みを行っております。詳しい仕様については、ヘルプページをご確認ください。

メール作成時に「アドレスブックから選択」をしようとすると反映に時間がかかる

メール作成画面について、表示速度の改善を行い、反映までの時間を短縮しました。
操作方法などは変更ありませんので、これまで通りお使いいただけます。

フォルダーの並び替えができない

Webメールでは、お客様が作成したフォルダーを自由に 並び替えることができます。
下記の6つのフォルダーについては、並び順を変更することはできませんが、それ以下のお客様が作成したフォルダーは、ドラッグ&ドロップも しくは、「ツール」>「フォルダー/グループの編集」から並び替えることが可能です。
------------------------
・受信箱
・送信済み
・検索結果
・下書き
・ごみ箱
・迷惑メール
------------------------

また、そのフォルダーをまとめる「グループ」という機能も提供しています。 フォルダー/グループを作成して、メールを整理することで 、より便利にWebメールをご利用いただけます。

iPadを利用してスクロールすることができない

iPadなどの端末からは、Webメール(PC版)が正常に動作しないため、スマートフォン版 Webメールをご利用いただけます。

また複数台のパソコンなどを利用している場合には、Webメールではなく、IMAP機能 (有料)をご利用いただくことで、普段お使いのメールソフトとの同期が可能となります。特にスマートフォンをご利用の場合には、メールの 着信がわかるように設定することもでき、より便利に@niftyメールをご利用いただけます。

迷惑メールを開かずに削除することができない

メールソフトのような3ペイン(メール一覧とメール本文が同時に見られる)の表示が初期設定となっています。本文を開かずにメールを選 択するには、この設定を2ペイン(メール一覧のみが表示される )に変更することで、旧バージョンと同様にメールを選択することができます。

2ペイン表示では、メール一覧からダブルクリックすることで、メール本文を表示することができます。


・ご要望への回答 : @nifty



@niftyトップ > 会員サービス > Mail@nifty > Webメール

Mail@niftyWebメール

ご意見・ご要望への回答

Webメールにつきまして、お客様から寄せられました「ご意見・ご要望」に回答させていただきました。
このページの内容につきましては、随時更新を行ってまいります。

メールをまとめて選択することができない

Webメールでは、チェックボックス、またはShiftキー、Ctrlキーを利用してメールの複数選択ができます。さらに多くのメールを選択する(フォルダー内のメールをすべて選択する)場合には、「Ctrl+A」のショートカットキーを利用することで、最大300件までの選択が可能となります。

まとめてメールを選択するケースは、フォルダー内のメールを削除したいときに利用することが多いと思います。@niftyメールのメールボックスは、5GBの大容量・保存期間無期限なので、フォルダーを作成し、メールを自動で振り分けたり、無料の迷惑メール対策サービスを利用することで、削除せずにメールを保存することをお勧めします。

【2012年10月17日更新】
チェックボックスの選択範囲を拡大し、複数メールの選択時の誤操作(「選択したはずのメールのチェックボックスが外れてしまう」など)について改修を行いました。

メール本文が改行されない【2012年10月17日更新】

お客様の指定する文字数での改行が可能になりました。初期設定では、これまで通り、改行されない設定となっていますので、ご自身での設定変更をお願いいたします。
メール設定>詳細設定より、改行文字数を変更することができます。

また、印刷設定時の改行についても、改修を行い、1行の文字数が多い場合には自動的に改行し、用紙に全文が印刷されるようになりました。

フォルダー内のメールを一括削除できない

@niftyメールのメールボックスは、5GBの大容量・保存期間無期限なので、削除せずにメールを保存することをお勧めしており、フォルダー内のメールを一括削除できない仕様となっております。

なお、不要なメールは、無料の迷惑メール対策サービスを利用することで、受信自体を拒否したり、「迷惑メール」フォルダーへの振り分けが可能です。

「ごみ箱」、「迷惑メール」フォルダーについては、初期設定として7日間での自動削除を行っています。
すぐにこのフォルダー内のメールを削除したい場合は、一括削除の機能もご利用いただけます。

メールの検索に失敗する(メールの検索がエラーになる)

検索窓からの簡易検索について、検索結果の表示速度の改善を行いました。
検索範囲を「題名または差出人」と絞り込みを行っております。詳しい仕様については、ヘルプページをご確認ください。

メール作成時に「アドレスブックから選択」をしようとすると反映に時間がかかる

メール作成画面について、表示速度の改善を行い、反映までの時間を短縮しました。
操作方法などは変更ありませんので、これまで通りお使いいただけます。

フォルダーの並び替えができない

Webメールでは、お客様が作成したフォルダーを自由に並び替えることができます。
下記の6つのフォルダーについては、並び順を変更することはできませんが、それ以下のお客様が作成したフォルダーは、ドラッグ&ドロップもしくは、「ツール」>「フォルダー/グループの編集」から並び替えることが可能です。
------------------------
・受信箱
・送信済み
・検索結果
・下書き
・ごみ箱
・迷惑メール
------------------------

また、そのフォルダーをまとめる「グループ」という機能も提供しています。 フォルダー/グループを作成して、メールを整理することで、より便利にWebメールをご利用いただけます。

iPadを利用してスクロールすることができない

iPadなどの端末からは、Webメール(PC版)が正常に動作しないため、スマートフォン版Webメールをご利用いただけます。

また複数台のパソコンなどを利用している場合には、Webメールではなく、IMAP機能(有料)をご利用いただくことで、普段お使いのメールソフトとの同期が可能となります。特にスマートフォンをご利用の場合には、メールの着信がわかるように設定することもでき、より便利に@niftyメールをご利用いただけます。

迷惑メールを開かずに削除することができない

メールソフトのような3ペイン(メール一覧とメール本文が同時に見られる)の表示が初期設定となっています。本文を開かずにメールを選択するには、この設定を2ペイン(メール一覧のみが表示される)に変更することで、旧バージョンと同様にメールを選択することができます。

2ペイン表示では、メール一覧からダブルクリックすることで、メール本文を表示することができます。