アット・ニフティロゴ  


「産経NetView」ロゴ
ホーム 産経NetViewとは サンプル版 使い方 お申し込み お問い合わせ

「産経NetView」の使い方

  「産経NetView」 は、どなたでも簡単にお使いいただけます。以下に出てくる「クリック」は、すべてマウスの左ボタンのシングルクリックを意味します。本サービスでは、ダブルクリックや右ボタンのクリックは原則として使用いたしません。

「産経NetView」 の閲覧を途中でやめるには、ブラウザ右上(Macintoshでは左上)にある[×](閉じる)ボタンをクリックしブラウザを閉じて、アクセスを中断します。


ログイン後の画面

閲覧画面

ツールバーの各機能

[1]
ロゴマーク これはクリックボタンではありません。
[2]
日付表示 これはクリックボタンではありません。
[3]
ページ移動 (←)を押すと次のページに進み、(→)で前のページに戻ります。中央の表示窓をクリックすると、面の状態がプルダウンで表示されます。その状態で読みたいページをクリックすると、そのページにジャンプします。
[4]
紙面の拡大・縮小ボタン 実際の新聞の表示サイズに相当する状態を100%として、50%〜800%の間で5段階の拡大縮小を行います。中央の表示窓をクリックすると、プルダウンメニューですべての倍率を表示しますので、見たい倍率を即座に選べます。
[5]印刷ボタン マウスクリックで範囲を指定して印刷できる「選択範囲印刷」、または紙面全体を1枚の紙に縮小印刷する「左ページ」「右ページ」「見開き」を選べます。

[6]ヘルプボタン クリックすると、別ウィンドウが開き、操作方法や機能などを調べることができます(このページのことです)。
[7]「産経ニュース」ボタン クリックすると、マイクロソフトと産経デジタルが共同運営するニュースサイト「MSN産経ニュース」にリンクします。

[1]ロゴマーク これはクリックボタンではありません。
[2]日付表示 これはクリックボタンではありません。
[3]ページ移動 (<)を押すと次のページに進み、(>)で前のページに戻ります。中央の表示窓をクリックすると、面名がプルダウンで表示されます。読みたい面をクリックすると、その面を表示します。
[4]紙面の拡大・縮小ボタン 中央の表示窓をクリックすると、プルダウンメニューで倍率を表示しま。お使いのパソコンの画面サイズに会う倍率を選択してください。
[5]横・横合わせボタン 紙面表示を、お使いのパソコンのブラウザの横幅または横幅に合わせて表示します。
[6]見開きボタン 紙面表示を見開き表示(2ページを並べた表示)に切り替えることができます。
[7]印刷ボタン 紙面を印刷することができます。印刷には以下の方法があります。
(1)1ページ=1面表示時にその面全体を印刷します
(2)範囲指定=マウスで選択した印刷したい部分を印刷できます
(3)左ページ=見開き表示時に左の面全体を印刷します
(4)右ページ=見開き表示時に右の面全体を印刷します
(5)見開き=見開き表示時に紙面を見開いた状態で印刷できます

[8]ページナビ 紙面の一覧を横に表示したページナビを表示したり、非表示にすることができます
[9]ヘルプボタン クリックすると、別ウィンドウが開き、操作方法や機能などを調べることができます(このページのことです)
[10]「産経ニュース」ボタン クリックすると、ニュースサイト「MSN産経ニュース」を表示します。最新のニュースはいつでもこちらからご覧いただけます。

【操作の基本】

(A)紙面の動かし方 「ドラッグ方式」。紙面上のどこかでマウスの左ボタンを押し、そのままマウスを上下左右に動かすことで、マウスの動きにつれて、紙面が上下左右にスライドします。

また、キーボードの
矢印キー(↑、↓、←、→)もお使いいただけます。

(B)ページのめくり方と拡大縮小

ツールバーとキーボードで操作できます。

「ページのめくり方」は、ツールバー上の(←)を押すと次のページに進み、(→)で前のページに戻ります。。
キーボードで操作するときは次の通りです。
 [Shift]+[←] : 次のページ
 [Shift]+[→] : 前のページ

「拡大縮小」は、ツールバー上の倍率表示窓をクリックすると、プルダウンメニューですべての倍率を表示しますので、見たい倍率を即座に選べます。

また、クリックで拡大することもできます。 キーボードで操作するときは次の通りです。
 [Shift]+[↑] : 拡大
 [Shift]+[↓] : 縮小



 


お申し込み「産経NetView」とはサンプル版使い方動作環境ご利用規約お問い合わせ





「産経NetView」に掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての著作権は産経新聞社に帰属します。(産業経済新聞社・産經・サンケイ)

Copyright (c)2009 The Sankei Shimbun. All rights reserved.