アット・ニフティロゴ
presented by 占い@nifty
はじめての方へ


太乙神数
■太乙神数(たいいつしんすう)とは?

  中国の伝説上の皇帝である「黄帝」と「蚩尤(しゅうゆ)」との戦いの際に生まれたとされ、もともとは政治や経済といった「国家の大事」を占うのを得意としていた占術です。目の前の些末なことにとらわれるのではなく、何百年、何千年という大きな時の流れを視野に入れて下すその占断は、多角的で表層よりも本質・内面といったものを重視するのが特徴。中でも、未来予測に長けており、「結婚はいつになるか」「人生最大の転機はいつか」といった「時期を知りたい」場合に大きな力を発揮します。

■式盤(ちょくばん)

  太乙神数の盤は、内側にある九つの宮と外側にある十六の宮から成り立っています。十六宮にはそれぞれ十六神が定められています。
  また、各宮に入る星は全部で十六種類あります。

十六宮および十六神とその意味
十六宮 十六神 意味
子 地主 心の揺れ、言葉
丑 陽徳 母性、大いなる愛情
艮 和徳 成就、円満
寅 呂申 主導、責任を負う
卯 高叢 力を出す、活躍
辰 太陽 いざこざ、困難
巽 大Q 王者、上に立つ者
巳 大神 破壊、無効
午 大威 権威、激しさ
未 天道 私的、ひそやかな
坤 大武 戒め、見返り
申 武徳 移動、意思の疎通
酉 大簇 変化、切り捨てる
戌 陰主 喪失、力の減少
乾 陰徳 命令、規則
亥 大義 陰謀、廃棄
十六星とその意味
十六星 意味
五福 幸福、拡大
君基 比較、富裕
小游 聡明、特筆すべき才能
文昌 卓越した賢さ、知識
主大将 責任、高い地位
計神 専門性、移動・運搬
始撃 災い、困難
客大将 獲得と喪失、援助を受ける
臣基 縁の下の力持ち、素直
民基 豊富な財産、恵み
四神 孤独、損失
天乙 伝統の破壊、上昇志向の欠如
飛符 周囲に恵まれない、独立
地乙 自主性、孤立
主参将 成功、勘のよさ
客参将 地に足の着いた、幸運
閉じる

当ホームページ記載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます。
Copyright(C) 株式会社 メディア工房