アット・ニフティロゴ このサービスは、@nifty IDまたは@niftyユーザー名をお持ちの方がご利用いただけます。
お持ちでない方は、@niftyユーザー名を登録することにより、ご利用いただけます。
@niftyユーザー名を登録
官能小説販売サイト 駈け巡るときめき、ほとばしる愉悦。至福の人気作品を満載!! (このサイトは18禁です) 現在のタイトル数:465冊 最終更新:2015/05/08
官能小説・電子書籍サイト:おとなの本屋・さん
既刊全作品から探す
ジャンルで選ぶ
S M・調 教
ロリータ・美少女
近親相姦・凌辱
人 妻・不 倫
制服・OL・女子大生
ハイパーエロス
著者名で選ぶ

あ〜お は〜ほ
か〜こ ま〜も
さ〜そ や〜よ
た〜と ら〜ろ
な〜の わ〜ん
書名で選ぶ

あ〜お は〜ほ
か〜こ ま〜も
さ〜そ や〜よ
た〜と ら〜ろ
な〜の わ〜ん
総目録

既刊全作品リスト
(htmlで著者五十音順に表示)
ヘルプ

@nifty会員登録
電子書籍のお求めは@nifty IDまたは@niftyユーザー名が必要です。
◎お持ちでない方はこちらからご登録ください。


ご利用規約
はじめてご来店された方は必ずお読みください

ツールのダウンロード
ブンコビューア
当書店の電子書籍をPCやPDAでお読みになるために必要なリーダーソフトです。(無償)

TTV Book Reader
テキストを簡単に縦組み表示するリーダーソフト

DFパブリフォント
外字や正字体をサポート

著者名で選ぶ
■花森えりか:全9冊
著者を選択する

花森えりか『もっと淫らに愛して』  
もっと淫らに愛して 2013/02/08
花森えりか
「さあ、こっちをお向き。あお向けになるのよ!」彼の尻を、由紀はピシャリと続けざまに打った。「何をグズグズしてるの! イモ虫!」「い、痛いッ、許して、お願い、ぼくを苛めないで」哀れな声で口走りながら、ようやくあお向けになった三田村の股間のペニスは、たくましく猛り立っていた。 ――SM、目隠しプレイ、レズ、アダルト・グッズ……。主婦やナースたちが、ちょっとアブノーマルなHに目覚める傑作10編!
価格: 600円+税 立ち読み 購入
花森えりか『蜜肌の悶え』  
蜜肌の悶え 2010/06/11
花森えりか
「いやいやと言ったって、すぐにヒイヒイよがり泣くのが女っていう生き物なんだ!」葉山が美由希のふくよかな乳房にむしゃぶりつきながら、もどかしげにズボンと下着を脱ぎ捨てる。下半身をあらわにした彼はハアハアと昂奮に息をはずませ、欲望をこらえきれないように美由希の顔の上にまたがって、股間の猛り立つペニスを突きつけた。「ほれ、舐めろッ」(「蜜肌の悶え」)。人妻の満たされぬ欲望を赤裸々に描く淫蝕アンソロジー
価格: 700円+税 立ち読み 購入
花森えりか『淫ら願望のおんなたち』  
淫ら願望のおんなたち 2010/04/09
花森えりか
「みごとなヒップだ、いい感触だぜ」梨沙子の尻を淫らに撫で回した男が、その腰を持ち上げ、花芯をまさぐってくる。「んん……い、いや」「こんなにヌルヌル垂らして、早くハメてもらいたがってるじゃないか……ヒヒ」男が灼熱のペニスを、梨沙子の背後から濡れた秘部に押しつけ、淫らにこすりつけたかと思うと、一気に花芯をつらぬいた。「あううッ」(「脅された淫乱夫人」)。貪欲な〃おんな〃の淫望を描き尽くす十三編!
価格: 700円+税 立ち読み 購入
花森えりか『淫夢に濡れて』  
淫夢に濡れて 2009/06/12
花森えりか
あたしって、いけない女、いけない教師。とうとう教え子の生徒と交わってしまった――と、背徳の悦楽に我を忘れて美由紀は彼のペニスにふたたび埋めつくされ、花芯の襞が狂おしいほど脈打ってふるえるのを感じた。聖也が荒く息をはずませ、若々しくたくましい抽送を繰り返す。しがみつくように、彼の背中を抱き締めながら、美由紀は無我夢中で肉体を悶えさせ、腰をうねらせる。「ああッ、また、くるわ、凄い波が、ああッ……!」
価格: 600円+税 立ち読み 購入
花森えりか『深夜の囁き』  
深夜の囁き 2009/04/10
花森えりか
光岡が肩の上に、千絵美の左右の太腿を、かつぐような姿勢で、花芯に舌を使う。かと思うと、敏感な蕾を吸いたて、舌先を小刻みにふるわせる。彼の唾液と花芯の蜜が、太腿から尻のほうへ滴り落ちるような気がした。「い、いいッ、それ好き、好き、好き……!」うわごとのように口走る千絵美の腰が、さらに持ち上げられ、彼のヌメヌメ、チロチロと動く舌が、アヌスのほうへと、すべりおりていく。「ま、待って、そこ、やめて……!」
価格: 600円+税 立ち読み 購入
花森えりか『快楽の罠』  
快楽の罠 2009/01/09
花森えりか
松浦社長がいったん腰を離し、亜沙美を後ろ向きにさせた。「ああん、いや、こんな体位」社長はバイブレーターで、亜沙美のアヌスを弄び始めたのだ。「やッ……やめて……そんなとこ……は、入らないッ」「ヒヒヒ、じゃ、こっちなら入るかな」松浦社長がバイブレーターの先端を、亜沙美の秘部に押しつける。かと思うと、ヌルヌルの蜜まみれにした女芯に、松浦社長が灼熱のペニスを荒々しく埋め込んだ。(もう、どっちでも……!)
価格: 600円+税 立ち読み 購入
花森えりか『燃えて辱しめられて』  
燃えて辱しめられて 2008/10/10
花森えりか
美也子は無我夢中で、男のペニスを吸いたてながら頭を上下させていた。「うう、口の中に、出すぞ、飲ませてやるぞ、そ、それとも、顔か、おっぱいに、浴びせてやろうか……ううッ」男が口走りながら、美也子の浴衣の衿に手を入れ、豊かな乳房をわしづかみにした。美也子の口の中で、男のペニスが膨らみきって熱く脈打った。爆発寸前らしかったが、男の手に頭を押さえつけられていて、口から離すことができない。
価格: 600円+税 立ち読み 購入
花森えりか『人妻は欲情に濡れて』  
人妻は欲情に濡れて 2008/04/11
花森えりか
ホテルの部屋に入り、交互にシャワーを浴びた後、奈美恵は息が止まるほど驚いた。胸から腰にバスタオルを巻いた姿で、ベッドに入った時である。「ラッキーだな。課長の奥さんとやれるなんて」ヒロシが、奈美恵の身体からバスタオルを取り除きながら、含み笑うような口調で呟いたのである。「何ですって……!」愕然となって奈美恵はベッドから跳ね起きようとした。その身体を、ヒロシが素早く押さえ込んだ。「去年、一度会っただけ
価格: 600円+税 立ち読み 購入
花森えりか『欲しい女たち』  
欲しい女たち 2007/06/01
花森えりか
腰をピクッとふるわせ、里絵子は顔をのけぞらせて熱く喘いだ。「さて、今度は、舐めっこしよう、きみも、ぼくのこれを口に入れて、吸ったり舐めたりするんだよ」男が身体の位置を逆さのまま、股間の猛り立つペニスを里絵子の顔に押しつけ、花芯にむしゃぶりついた。「あんッ、んんッ……ああッ」男のよく動く舌が、花弁の奥を細かくそよぎ、敏感な蕾の上でチロチロ戯れる。とろけそうに甘美な性感がこみあげ、里絵子は呻き、喘ぎな
価格: 600円+税 立ち読み 購入
著者を選択する

(C)おとなの本屋・さん 先頭へ戻る
アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録 グラビアNAVIGATORへ 個人情報保護ポリシー
Copyright(c)NIFTY 2015 ALL RightsReserved.