アット・ニフティロゴ
■SD指数・競馬最新情報■
since 2000.09.01 presented by 司馬武サークル事務局
update 2017.08.14
(c)slownote
TOPログイン初めての方へ今週の重賞ポイント先週の結果司馬武涼 著書
 SD指数の提唱者、司馬武涼が主催する「司馬武サークル事務局」のホームページです。
その週に行われる重賞レース(障害の重賞レースは除く場合もあります)のSD指数、上位10頭が掲載されています。
更新予定日の夕方には最新のSD指数がごらん頂けます。 また、全開催競馬場で行われる全レースのSD指数が、各競馬場ごとに1枚でプリントアウトできる「web版」やi-mode、さらにスマートフォン・タブレット端末で情報を取り出す方法もあります。興味のある方はご利用下さい。

ログイン(サービスの利用)

■ Web版 SD指数サービス ■
ログイン
 ※ パソコン・スマートフォン・タブレット端末をご利用の方は、上記からログインしてご覧ください

初めての方へ

下記の方法での情報提供をご用意しております。初めての方もこちらからご覧下さい。
▼全レースの公式SD指数を取り出したい方▼
パソコンで情報を取得する  「Web版 SD指数サービス」紹介へ <<新規登録月は無料>>
全会場・全レースのSD指数を取得できるサービスです。SD指数から選ばれた印、各レースの注目の2頭なども表示。月額制。
スマートフォン・タブレット端末をご利用の方も、こちらからお申し込みください。

今週の重賞 (公式SD指数)

次回更新予定日は08月22日です
2回札幌2日目 2回小倉8日目
第11R 札 幌 記 念 G2
1エアスピネル121
2マイネルミラノ106
3ヤマカツエース99
4アングライフェン82
5マウントロブソン74
6ツクバアズマオー59
7タマモベストプレイ51
8サングラス45
9サクラアンプルール44
10ディサイファ43
第11R 北 九 州 記 念 G3
1キングハート149
2アクティブミノル133
3オーヴィレール117
4ファインニードル110
5アルティマブラッド98
5プレイズエターナル98
6ダイシンサンダー87
6ナガラオリオン87
7エイシンブルズアイ78
8ナリタスターワン65

SD指数とは

各レースにおける出走馬の能力順位を示す指数。今で言う馬番連勝複式馬券が発売される前年、平成2年に考案者司馬武涼により公開された。
その後、数多く登場した指数系予想の元祖と言っていい存在で、公開当初より理論的馬券構築派からは絶大な支持を受け、今もって圧倒的な存在感を維持している。
公開当初からその計算式を公表しており、出走各馬の指数得点は下記の計算式で行う。

■ 基本計算式
1 過去3戦の成績からAを算出する
前 走(頭数−着順)+(頭数−人気)=A1
前々走(頭数−着順)+(頭数−人気)=A2
3走前(頭数−着順)+(頭数−人気)=A3
2 Aを合計しBを算出する
A1+A2+A3=B
3 近走状況加味のためのCを算出する
B−(前走着順+前々走着順)=C
4 最後にBとCを加算しDを算出する
B+C=D
この最後に算出された(D)指数が基本得点となる。
4回の計算システムを繰り返すことから「SD指数」と命名した。

さらに、計算対象の過去3戦が今回のレースに対して、どのクラスのレースであった をチェックし、クラス補正を行う。例えば今回のレースが1600万下条件の場合(A1)がオープンに出走していたのであれば、今回より格上相手と対戦しているため得点をアップ、逆に(A2)が1000万下のレースであれば格下戦となり得点をマイナスさせる。得点を増減させることで整合性を計る。
これを出走全馬1頭1頭行うことで、「SD指数」は出来上がっている。

また、休養明け(原則3ヵ月)や交流レース出走、地方競馬からの転入、海外遠征戦など計算対象レースの状況によって、補正方法も違ってくる。

ポイント

 ウオッカとフランケルの仔供タニノフランケルが新潟土曜日の新馬戦でデビューした。大物同士の組み合わせで生まれた時から話題になっていたが、予想以上に早いデビューとなった。このクラスの若駒となるとじっくり育て、暮れか年明けの中央開催でと言うのが初出走の時期に選ばれるケースが多かったように思っていたが、夏のローカルでとはちよっと意外な感じがした。先週、この馬のデビューがプレスリリースで流れた時、案外と仕上がり早でウオッカの仔供では唯一勝ち鞍を挙げているタニノアーバンシーも、確か夏の新潟デビューで、その時話題になったのを思い出した。過去3頭がシーザスターズとの組み合わせで期待したほどの成績になっていないだけに、母の底力をフランケルとの掛け合わせで今度は示されるのではとの関係者の意気込みも伝わってくる。ただ、TV観戦の映像からの印象では528キロの大型馬にしては余り雄大さは感じなかった。実際に生で見たな違うのかも知れないが、モッさりとした感じもあり今がデビュー時か?という印象を正直持った。ところがレースは発馬からいいセンス振りを見せ、素早く3番手に付ける器用な脚を披露。結果的には大事に乗り過ぎたとの気もするが、先に動いたサクステッドを捕まえ切れなかったモノの、新馬戦としては上々の走り振りだった。期待が大きいだけに物凄い勝ち振りがあるかもと考えてもしまうが、レース後談としてまだ身体も緩く走りも幼いとのこと。それで1800mを1分48秒台で走破、上がり33秒台の脚なら文句はない。次での1勝はほぼ間違いなさそうで、来年のクラシック路線に乗ってくる期待もふくらむ。こういう話題性のある馬が活躍してくれれば競馬は益々盛り上がる。鞍上も一流、このコンビならさらに期待も高まる。逆に先週鞍上の騎乗振りに不満を持った馬がいた。札幌日曜日の3歳未勝利戦に登場したブラウンローズで過去4戦すべて2着の馬。ここ3戦まったく似たような騎乗振りで敗退を繰り返している。多少非力感のある馬で洋芝もあっていない感もあるが、それにしてものレース振り。今回はメンバーからももう勝てるだろうと見ていたが、またもやの繰り返し。こうなって来ると鞍上の責任もある気がする。常に人気馬だけに慎重になり過ぎているのかも知れないが、工夫が欲しく乗り替わりの選択肢も出てきた気もする。

★ SD指数活用法・ご感想 ★SD指数を活用して、どんな予想をしますか?あなたの自慢の「SD指数活用法」をお教えください。その他、ご意見・ご感想もお気軽にお寄せください。

先週の結果から

先週の全レースの中から、SD指数上位の組み合わせで決着レースの馬連・馬単・3連複が、高配当になった上位5レースを掲載するものです。 対象レースの条件は
・馬連:SD指数1〜6位以内で決着
・馬単:SD指数1位馬が1着または2着
・3連複:SD指数6位以内で決着
・3連単:SD指数1位が1着か2着で指数6位以内で決着
の場合とします。


上記をクリックすると、先週の全レース分のSD指数がご覧になれます。
2回小倉6日目 第3R
3歳未勝利
1着 7枠15番 キョウエイレガシー SD指数4位
2着 3枠 6番 レッドフィエルテ SD指数1位
3着 6枠12番 タガノハウオリ SD指数2位
3連単 15−6−12 105.110円
1回札幌6日目 第9R 
3歳以上500万下
1着 7枠11番 テリトーリアル SD指数1位
2着 5枠 7番 ウェイト SD指数6位
3着 6枠10番 グレンマクナス SD指数3位
3連単 11−7−10 87.010円
1回札幌6日目 第11R
3歳以上オープン
エルムステークス G3
1着 2枠 2番 ロンドンタウン SD指数2位
2着 3枠 4番 テイエムジンソク SD指数1位
3着 3枠 3番 ドリームキラリ SD指数5位
3連単 2−4−3 63.650円
2回小倉6日目 第12R
3歳以上500万下
1着 8枠15番 ミヤジヴィジェ SD指数1位
2着 1枠 1番 スターペスユウコ SD指数3位
3着 8枠16番 ショウナンナナイロ SD指数5位
3連単 15−1−16 53.420円
2回新潟5日目 第9R
3歳以上500万下
糸 魚 川 特 別
1着 4枠 4番 ユニゾンデライト SD指数2位
2着 8枠11番 ラブリーアモン SD指数1位
3着 6枠 6番 オーダードブリン SD指数3位
3連単 4−11−6 51.530円
TOPログイン初めての方へ今週の重賞ポイント先週の結果司馬武涼 著書
アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録 JRAホームページ
利用規約 / 個人情報保護ポリシー 特定商取引法による表示
Copyright(c)NIFTY 2009 All Rights Reserved.