アット・ニフティロゴ
■SD指数・競馬最新情報■
since 2000.09.01 presented by 司馬武サークル事務局
update 2018.09.18
(c)slownote
TOPログイン初めての方へ今週の重賞ポイント先週の結果司馬武涼 著書
 SD指数の提唱者、司馬武涼が主催する「司馬武サークル事務局」のホームページです。
その週に行われる重賞レース(障害の重賞レースは除く場合もあります)のSD指数、上位10頭が掲載されています。
更新予定日の夕方には最新のSD指数がごらん頂けます。 また、全開催競馬場で行われる全レースのSD指数が、各競馬場ごとに1枚でプリントアウトできる「web版」やi-mode、さらにスマートフォン・タブレット端末で情報を取り出す方法もあります。興味のある方はご利用下さい。

ログイン(サービスの利用)

■ Web版 SD指数サービス ■
ログイン
 ※ パソコン・スマートフォン・タブレット端末をご利用の方は、上記からログインしてご覧ください

初めての方へ

下記の方法での情報提供をご用意しております。初めての方もこちらからご覧下さい。
▼全レースの公式SD指数を取り出したい方▼
パソコンで情報を取得する  「Web版 SD指数サービス」紹介へ <<新規登録月は無料>>
全会場・全レースのSD指数を取得できるサービスです。SD指数から選ばれた印、各レースの注目の2頭なども表示。月額制。
スマートフォン・タブレット端末をご利用の方も、こちらからお申し込みください。

今週の重賞 (公式SD指数)

次回更新予定日は9月25日です
4回中山7日目 4回阪神7日目
第11R オールカマー G2
1エアアンセム120
2ブラックバゴ116
3ミライヘノツバサ100
4ショウナンバッハ78
5ガンコ72
6マイネルフロスト69
7アルアイン61
8ブライトバローズ52
8レイデオロ52
9ダンビュライト43
第11R 神 戸 新 聞 杯 G2
1ゴーフォザサミット122
2ワグネリアン107
3エポカドーロ106
3メイショウテッコン106
4エタリオウ88
4ビッグスモーキー88
5ステイフーリッシュ74
6ハーベストムーン62
7アドマイヤアルバ53
8タイムフライヤー45

SD指数とは

各レースにおける出走馬の能力順位を示す指数。今で言う馬番連勝複式馬券が発売される前年、平成2年に考案者司馬武涼により公開された。
その後、数多く登場した指数系予想の元祖と言っていい存在で、公開当初より理論的馬券構築派からは絶大な支持を受け、今もって圧倒的な存在感を維持している。
公開当初からその計算式を公表しており、出走各馬の指数得点は下記の計算式で行う。

■ 基本計算式
1 過去3戦の成績からAを算出する
前 走(頭数−着順)+(頭数−人気)=A1
前々走(頭数−着順)+(頭数−人気)=A2
3走前(頭数−着順)+(頭数−人気)=A3
2 Aを合計しBを算出する
A1+A2+A3=B
3 近走状況加味のためのCを算出する
B−(前走着順+前々走着順)=C
4 最後にBとCを加算しDを算出する
B+C=D
この最後に算出された(D)指数が基本得点となる。
4回の計算システムを繰り返すことから「SD指数」と命名した。

さらに、計算対象の過去3戦が今回のレースに対して、どのクラスのレースであった をチェックし、クラス補正を行う。例えば今回のレースが1600万下条件の場合(A1)がオープンに出走していたのであれば、今回より格上相手と対戦しているため得点をアップ、逆に(A2)が1000万下のレースであれば格下戦となり得点をマイナスさせる。得点を増減させることで整合性を計る。
これを出走全馬1頭1頭行うことで、「SD指数」は出来上がっている。

また、休養明け(原則3ヵ月)や交流レース出走、地方競馬からの転入、海外遠征戦など計算対象レースの状況によって、補正方法も違ってくる。

ポイント

 「ローズS」「セントライト記念」と言うレース名を見ると、いよいよ秋の3歳クラシック路線が開幕したとの気になる。「ローズS」には15頭中10頭がディープインパクト産駒と、この出走組み合わせは異様と思えるほどで、改めてこの父親の凄さを認識させられる。サラキアが若干出遅れもすぐに外から中団に取りつく。ゴージャスランチの逃げも1000m通過が59.9秒とややスロー。その2番手をカンタービレが楽な感じで追走、鞍上もピッタリと背中に張り付き動きもない。人気のサトノワルキューレは最後方に待機、「フローラS」の再現を狙うかの構え。結果的には前走「オークス」同様この不器用さが災いし今回も不発だったが、この馬の持つ末脚は魅力十分。中途半端に脚質転換するより、徹底した末脚勝負にこだわり切れ味に磨きをかけた方がいいような気もするが。4コーナー辺りからペースが上がりそれに併せてアクションを開始したカンタービレ、直ぐに先頭に立ちそのまま直線へ。そこからは独壇場で後続を振り切り楽々とゴール、ペースを読んだ鞍上の早めの追い出しもさすがと言うしかない。「オークス」だけミソを付けたがこれは距離と言ってよさそう、ベストはマイルだと思うが今回のレース振りから「秋華賞」2000mまでなら行けそうな気もする。一方、「セントライト記念」は今週「オールカマー」に出走予定のレイデオロの全弟レイエンダが断然の1番人気に推され、この馬のレース振りがすべてと言った感。タニノフランケルが大逃げして後続をドンドン離して行くモノの1000m通過は1分00秒9と見た目ほど速くはない。離れたその2番手はジェネラーレウーノ、レイエンダは中団の外といい位置。直線に入ってもまだタニノフランケルはリードを保ちジェネラーレウーノが追い上げ開始。通常この手の展開の場合2番手の馬はレースがしづらいのだが、クラシック戦線で揉まれた強みか、ムチを使ったのはタニノを捕らえる時の一発と先頭に立ってからの一発の2度だけ。それでアッと言う間に差を付けゴール前は押さえる余裕、ひと夏を越してパワーアップした姿を披露した。勝ち馬には完敗も注目のレイエンダが末脚を発揮し2着は確保、この経験が生きていきそうだ。今週の「神戸新聞杯」では「皐月賞」馬と「ダービー」馬が早くも激突。もったいない気もするが出来れば一騎打ちを堪能したい。

★ SD指数活用法・ご感想 ★SD指数を活用して、どんな予想をしますか?あなたの自慢の「SD指数活用法」をお教えください。その他、ご意見・ご感想もお気軽にお寄せください。

先週の結果から

先週の全レースの中から、SD指数上位の組み合わせで決着レースの馬連・馬単・3連複が、高配当になった上位5レースを掲載するものです。 対象レースの条件は
・馬連:SD指数1〜6位以内で決着
・馬単:SD指数1位馬が1着または2着
・3連複:SD指数6位以内で決着
・3連単:SD指数1位が1着か2着で指数6位以内で決着
の場合とします。


上記をクリックすると、先週の全レース分のSD指数がご覧になれます。
4回中山4日目 第10R
3歳以上1000万下
初 風 特 別
1着 7枠11番 ショウナンアエラ SD指数1位
2着 5枠 6番 イサチルホープ SD指数4位
3着 2枠 2番 ウォーターラボ SD指数2位
3連単 11−6−2 177.870円
4回中山3日目 第11R 
3歳以上1600万下
レインボーS
1着 8枠11番 ドレッドノータス SD指数2位
2着 4枠 4番 シャルドネゴールド SD指数1位
3着 2枠 2番 ギブアンドテイク SD指数5位
3連単 11−4−2 61.770円
4回阪神5日目 第7R
3歳以上500万下
 
1着 1枠 1番 エイシンルカーノ SD指数1位
2着 5枠10番 ヤマニンペダラーダ SD指数6位
3着 2枠 4番 ムーンチャイム SD指数5位
3連単 1−10−4 37.640円
4回中山3日目 第2R
2歳未勝利
1着 1枠 2番 ショウナンガナドル SD指数1位
2着 5枠10番 ハーベストゴールド SD指数6位
3着 1枠 1番 ボストンテソーロ SD指数5位
3連単 2−10−1 25.080円
4回阪神3日目 第1R
2歳未勝利
1着 6枠 8番 ウインバルドル SD指数2位
2着 8枠12番 ハクサンウェーブ SD指数1位
3着 3枠 3番 アサミン SD指数5位
3連単 8−12−3 23.930円
TOPログイン初めての方へ今週の重賞ポイント先週の結果司馬武涼 著書
アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録 JRAホームページ
利用規約 / 個人情報保護ポリシー 特定商取引法による表示
Copyright(c)NIFTY 2009 All Rights Reserved.