復旧

2009年08月19日

「ウイルス・スパイウェア対策」の表示が「安全」と「危険」を繰り返す現象について

本現象に関して修正が完了いたしました。

不具合が発生するバージョンをご利用のお客様には順次自動アップデートが実施されますので、アップデート画面が表示されたら指示に従いご適用いただきますようお願い申し上げます。

今すぐ修正バージョンをご利用いただく場合は、お手数ですが最新のインストーラーをダウンロードし、現在ご利用のセキュリティ24をアンインストールの上、最新バージョンを再インストールしてご利用ください。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。



2009年08月17日

2009年7月30日に提供いたしました、セキュリティ24Version5.32におきまして、一部のお客様で以下の現象が発生することが確認されました。

【現象】
「ウイルス・スパイウェア対策」の表示が、突然「危険」になったり「安全」になったりを繰り返す
【原因】

Windowsセキュリティセンターよりリアルタイムスキャンの動作状況を取得する際に、まれに取得失敗する場合があり、その際「ウイルス・スパイウェア対策」の診断結果を「危険」と表示していたため

※「危険」と表示されていても実際にはリアルタイムスキャンは動作しており、セキュリティ対策に問題はありません
【対象】

セキュリティ24 Version5.32をご利用中の一部のお客様
※ セキュリティ24 Version5.31以下をご利用の場合は本現象は発生いたしません。

本現象を修正したバージョンを、近日中に提供いたします。
ご利用中のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、修正バージョンの提供までしばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。