セキュリティ24の画面解説

  • メインウインドウ

    Mac OS版 常時安全セキュリティ24の各機能、操作の中心となる画面です。
    コンピューターの保護状態、実行したスキャンの情報、データベースのアップデート状況が表示されています。

  • 表示するには

    次のいずれかの方法でメインウインドウを表示します。
    Finderで、[アプリケーション]-[常時安全セキュリティ24]を選択します。
    メニューバーでMac OS版 常時安全セキュリティ24のアイコンをクリックし、表示されるメニューから[常時安全セキュリティ24]をクリックします。

    • メインウインドウ

    1ボタン部

    • 各ボタンをクリックすると、それぞれの機能のウインドウが表示されます。

      (1)レポート レポートウインドウを表示します。
      実行中のタスク、完了したタスクの状況(検知したオブジェクトやイベント、アップデートの履歴など)、設定内容のレポートウインドウが表示されます。
      また、このウインドウから、隔離フォルダー、バックアップ保存先フォルダーにアクセスできます。
      (2)環境設定 環境設定ウインドウを表示します。
      プロテクション、スキャンなど、Mac OS版 常時安全セキュリティ24の各機能の設定を行うことができます。
      (3)サポート サポートウインドウを表示します。
      このウインドウからテクニカルサポートサイトとお問い合わせ用のサイトにアクセスできます。
      (4)ヘルプ ヘルプウインドウを表示します。
      (1)レポート
      レポートウインドウを表示します。
      実行中のタスク、完了したタスクの状況(検知したオブジェクトやイベント、アップデートの履歴など)、設定内容のレポートウインドウが表示されます。
      また、このウインドウから、隔離フォルダー、バックアップ保存先フォルダーにアクセスできます。
      (2)環境設定
      環境設定ウインドウを表示します。
      プロテクション、スキャンなど、Mac OS版 常時安全セキュリティ24の各機能の設定を行うことができます。
      (3)サポート
      サポートウインドウを表示します。
      このウインドウからテクニカルサポートサイトとお問い合わせ用のサイトにアクセスできます。
      (4)ヘルプ
      ヘルプウインドウを表示します。

    2情報表示部

    • コンピューターの現在の保護状態が表示されます。スキャンまたはアップデートを行っているときはその進行状態が、完了時はタスクの結果が表示されます。

    3インジケーター

    • コンピューターの現在の保護状態が以下の色で表示されます。 緑(正常):コンピューターが正常に保護されていることを示します。 黄(注意):Mac OS版 常時安全セキュリティ24の設定または動作に問題があり、コンピューターの保護に一部問題があることに注意を喚起しています。 赤(危険):Mac OS版 常時安全セキュリティ24の設定または動作に問題があり、コンピューターが危険な状態にあることを警告しています。 これらの問題を解決するには、インジケーターをクリックしてプロテクションセンターを起動します。

    4スキャン

    • スキャン、簡易スキャン、完全スキャンのいずれかを実行できます。

    5アップデート

    • クリックすると、定義データベースとモジュールをアップデートします。

    6ネット決済保護

    • 銀行や決済システムのWebサイトにアクセスすると、保護されたブラウザを使って表示するか設定ができます。※ネット決済保護機能は、既定の設定で有効になっています。

    7保護者による管理

    • 保護者による管理を有効にすると、アカウントごとの使用状況が確認できます。インターネットに接続した時間やアクセスしたURL、SNSで送受信したメッセージなどをすべて記録します。これを保護者があとで確認し、制限する内容を見直すこともできます。

    • 環境設定ウインドウ

      • 環境設定ウインドウでは、各機能やツールの設定を管理できます。

        上部のタブで、機能をクリックすると、それぞれの環境設定ウインドウが表示されます。

        表示するには
        メインウインドウの[環境設定]をクリックします。

      • 環境設定ウインドウ
      プロテクション ファイルアンチウイルス機能の有効・無効、セキュリティレベルや処理の設定を確認、変更できます。
      スキャン スキャンの対象、セキュリティレベル、処理方法、実行モードなどの設定を確認、変更できます。
      KSN Kaspersky Security Network(KSN)への参加、対応ブラウザーの拡張機能の設定を確認、変更できます。
      脅威 監視やスキャンの対象、除外する対象の設定を確認、変更できます。
      ブラウザ 危険サイト診断とセキュリティボードのプラグイン設定を行います。
      アップデート 定義データベースアップデートの実行モード、処理やロールバック設定などの確認、変更ができます。
      レポート レポートウインドウに保存するログやイベント、トレースログの有効・無効設定などの確認、変更ができます。
      表示 通知の配信を無効にしたり、通知対象とするイベントの種類を選択することができます。
      プロテクション
      ファイルアンチウイルス機能の有効・無効、セキュリティレベルや処理の設定を確認、変更できます。
      スキャン
      スキャンの対象、セキュリティレベル、処理方法、実行モードなどの設定を確認、変更できます。
      KSN
      Kaspersky Security Network(KSN)への参加、対応ブラウザーの拡張機能の設定を確認、変更できます。
      脅威
      監視やスキャンの対象、除外する対象の設定を確認、変更できます。
      ブラウザ
      危険サイト診断とセキュリティボードのプラグイン設定を行います。
      アップデート
      定義データベースアップデートの実行モード、処理やロールバック設定などの確認、変更ができます。
      レポート
      レポートウインドウに保存するログやイベント、トレースログの有効・無効設定などの確認、変更ができます。
      表示
      通知の配信を無効にしたり、通知対象とするイベントの種類を選択することができます。
    • レポートウインドウ

      • レポートウインドウでは、Mac OS版 常時安全セキュリティ24の動作に関する詳細なレポートを表示できます。

        左部のタブで、カテゴリーを選択すると、右部にそれぞれのレポートが表示されます。
        レポートウインドウからファイルアンチウイルス、スキャン、アップデートの各タスクを開始および停止することができます。
        また、レポートをテキスト形式で保存することも可能です。

        表示するには
        メインウインドウの[レポート]をクリックします。

      • レポートウインドウ
      レポート ファイルアンチウイルス、スキャン、アップデートの処理中に記録されたイベントが、以下の項目別に集計されます。
      検知した脅威 :検知された危険なオブジェクトが一覧表示されます。
      隔離:隔離フォルダーに移動されたオブジェクトが一覧表示されます。
      バックアップ:バックアップ保存先フォルダーに保存されたオブジェクトが一覧表示されます。
      タスク 実行中、または完了したタスクが一覧表示されます。
      レポート
      ファイルアンチウイルス、スキャン、アップデートの処理中に記録されたイベントが、以下の項目別に集計されます。
      検知した脅威 :検知された危険なオブジェクトが一覧表示されます。
      隔離:隔離フォルダーに移動されたオブジェクトが一覧表示されます。
      バックアップ:バックアップ保存先フォルダーに保存されたオブジェクトが一覧表示されます。
      タスク
      実行中、または完了したタスクが一覧表示されます。

最終更新日:2017年09月04日

トップ
に戻る