プロテクション機能について

脅威に対するプロテクション機能では、ファイル、アプリケーションの動作、ネットワーク、メールなどを監視して脅威からパソコンを守るための詳しい設定ができます。

各機能の概要

ファイル保護

ファイル保護 開いたファイル、保存したファイル、使用中のファイルをスキャンします。

アプリケーションコントロール

アプリケーションコントロール コンピューターにインストールされたすべてのアプリケーションの動作を監視します。

ネットワーク攻撃防御

ネットワーク攻撃防御 危険なネットワーク動作および攻撃からコンピューターを保護します。

メッセンジャー保護

メッセンジャー保護 インスタントメッセージに、危険なオブジェクトがないかスキャンします。

メール保護

メール保護 送受信メールに、危険なオブジェクトがないかスキャンします。

Webカメラへのアクセス制限

Webカメラへのアクセス制限 アプリケーションによる Webカメラへのアクセスを制限します。

Webトラッキング防止機能

Webトラッキング防止機能 Webサイト閲覧中にユーザーの操作に関する情報が収集されることを防ぎます。

ウェブ保護

ウェブ保護 受信Webトラフィックをスキャンし、危険なスクリプトの実行を防ぎます。

ファイアウォール

ファイアウォール ネットワークの動作を監視し、安全に使用できるようにします。

システムウォッチャー

システムウォッチャー 悪意のあるソフトウェアの動作を監視し、システムが変更された場合は元に戻します。

システム変更コントロール

システム変更コントロール オペレーティングシステム設定、ネットワーク設定、ブラウザー設定を保護します。

迷惑メール対策

迷惑メール対策 迷惑メール(スパム)をフィルタリングします。

バナー広告対策

バナー広告対策 Webブラウザーやいくつかのアプリケーションで、バナー広告の表示をブロックします。

ネット決済保護

ネット決済保護 銀行および決済システムの Webサイトへのアクセスを保護します。

最終更新日:2017年09月04日

トップ
に戻る