Windows版 常時安全セキュリティ24 アンインストールマニュアル

常時安全セキュリティ24のアンインストール方法をご案内します。
アンインストールは、常時安全セキュリティ24のバージョンアップをする前、再インストールする場合、または、サービスを解除される際に必要となります。

常時安全セキュリティ24をバージョンアップする場合は、一度アンインストールを行ってから新しいバージョンのクライアントソフトウエアをインストールしていただく必要があります。

アンインストール方法

  • 1プログラムと機能を実行

    • プログラムと機能を実行
    • 「コントロールパネル」から「プログラムと機能」もしくは「プログラムのアンインストール」を選択します。
      スタートボタンまたは画面の左下隅を右クリックし、「プログラムと機能」を選択することもできます。

  • 2アンインストールの実行

    • アンインストールの実行
    • 常時安全セキュリティ24 を探して右クリックし、「アンインストール」を選択します。

  • 3アンインストールの開始

    • アンインストールの開始
    • ユーザーアカウント制御のダイアログが表示される場合は、「はい」を選択してください。

    ※1 常時安全セキュリティ24 が起動中の場合

    • ツール終了確認画面
    • 「常時安全セキュリティ24が起動しています。終了して処理を続行しますか?」と表示されます。
      終了してアンインストールを続ける場合には、「はい」をクリックしてください。
      クリック後、セキュリティ24は自動的に終了します。

    ※2 検疫ファイルを削除するかどうかを選択します。

    • ツール終了確認画面

      アンインストール中

    • 「常時安全セキュリティ24で駆除したファイルと設定を削除します。よろしいですか?」と表示されます。
      削除する場合には、「はい」をクリックしてください。削除を選択すると、検疫されたアイテムがパソコン内から自動で削除されます。
      ※アンインストール時、検疫ファイルを削除しますか?という質問に「いいえ」を選択しても、検疫ファイルが削除されてしまう問題が確認されています。

  • 4Windowsの再起動確認画面の表示

    • 再起動確認画面
    • 今すぐ再起動を行う場合「はい」をクリックしてください。
      ほかに起動しているアプリケーションなどありましたら、閉じてから行うようにしてください。
      後で手動にて再起動を行う場合「いいえ」をクリックしてください。

最終更新日:2017年09月04日

トップ
に戻る