プロテクションの有効化と無効化について

プロテクションの有効化と無効化について

初期設定では、Windows の起動時に常時安全セキュリティ24 インターネットセキュリティも起動し、コンピューターの電源が切れるまでコンピューターを保護し、すべての保護機能が動作します。

常時安全セキュリティ24 インターネットセキュリティによる保護を完全に無効にしたり、一部だけを無効にしたりできます。

注意

保護を無効にすると、コンピューターがウイルスに感染してデータが消失する危険性があるため、保護は無効にしないことを強くおすすめします。
どうしても必要な場合は、必要な期間だけプロテクションを一時停止することをおすすめします。

次の表示は、プロテクションが一時停止または無効になっていることを示します。

・常時安全セキュリティ24 インターネットセキュリティのアイコンが灰色で表示される

・メインウインドウ上部の保護状態の表示が赤色になっている

この場合、プロテクションは、一連の保護機能と見なされます。
保護機能を無効化または一時停止しても、スキャンのパフォーマンスおよび常時安全セキュリティ24 インターネットセキュリティのアップデートには影響ありません。

プロテクションまたは各保護機能は、[設定]ウインドウで有効/無効を切り替えられます。

プロテクションを完全に有効または無効にするには

設定-全般

  • 1[設定]ウインドウを表示します。

  • 2ウインドウ左側で、[全般]をクリックします。

  • 3プロテクションを無効にする場合は、右上のスイッチをオフスイッチオフ にします。
    プロテクションを有効にする必要がある場合は、スイッチをオンスイッチオンにします。

保護機能を有効または無効にするには

設定-プロテクション

  • 1[設定]ウインドウを表示します。

  • 2ウインドウ左側で、[プロテクション]をクリックします。ウインドウ右側で、有効または無効にする保護機能を選択します。

  • 3無効にする場合は、ウインドウ右側で、保護機能名の右端にあるスイッチをオフスイッチオフ にします。
    有効にする場合は、スイッチをオンスイッチオンにします。

最終更新日:2017年09月04日

トップ
に戻る