利用規約

  • 常時安全セキュリティ24プラス・常時安全セキュリティ24プラス ノジマプラン
    利用規約(2016年4月4日)

    ※「常時安全セキュリティ24プラス」ならびに「常時安全セキュリティ24プラス ノジマプラン」のご利用前に必ずお読みください。

    • 第1条(利用規約)

      1. 本利用規約は、ニフティ株式会社(以下「ニフティ」といいます。)が提供するセキュリティサービス「常時安全セキュリティ24プラス」ならびに「常時安全セキュリティ24プラス ノジマプラン」(以下「本サービス」といいます。)の利用にかかわる一切に適用されます。

      2. ニフティがユーザーに通知する本サービスの説明、案内、利用上の注意等(以下「説明等」といいます。)は、名目のいかんにかかわらず本利用規約の一部を構成するものとします。

      3. ニフティは、ユーザーの了承を得ることなく、本利用規約を随時変更することができるものとします。変更後の本利用規約は、ニフティが本サービスのホームページ上に掲載することでユーザーに通知した時点より効力が生じるものとします。

    • 第2条(本サービスの位置付け)

      1. 本サービスはニフティが提供する「スマートサーブ」(以下「スマートサーブ」といいます。)の上位サービスであり、本サービスを利用するためには、スマートサーブを利用する必要があります。

      2. ユーザーがスマートサーブの利用契約を終了した場合、本サービスの利用も自動的に終了するものとします。

      3. 本サービスの利用に関して本利用規約に定めのない事項については、スマートサーブ利用規約が適用されるものとし、本利用規約の内容とスマートサーブ利用規約の内容が重複して定められる場合は、本利用規約の内容が優先して適用されるものとします。

    • 第3条(本サービスの利用および機能)

      1. ユーザーは、本サービスを利用するために、ニフティが提供するスマートサーブの利用に必要な「サービスアダプター」(以下「サービスアダプター」といいます。)を、ユーザーが説明等に基づき自らの費用と責任により整えたインターネット接続環境(インターネット接続のために回線、モデム、ソフトウエアなどを設定することをいい、以下「インターネット接続環境」といいます。)に接続し、必要に応じて「常時安全セキュリティ24アシスタントツール」(以下「アシスタントツール」といいます。)を、アシスタントツールのご利用上の注意に従ってインストールし、本利用規約に基づき利用するものとします。アシスタントツールがインストールされたユーザーのPCなどのコンピューター端末を、以下「端末」といいます。アシスタントツールをインストールできる端末の台数はニフティが決定できるものとします。 Windows版 常時安全セキュリティ24

      2. 本サービスを構成する主な機能は、以下の通りです。本規約に記載されていないその他の機能については、常時安全セキュリティ24プラスサイトに記載します。 常時安全セキュリティ24 プラス基本機能

      3. 本サービスの基本機能は、以下の通りです。

      • i.「オンラインメールアンチウイルス機能」とは、@niftyセキュリティセンター(以下「セキュリティセンター」といいます)へインターネット接続環境に接続したサービスアダプター配下のデバイス(以下「本デバイス」といいます)またはアシスタントツールにて接続時に、ニフティおよびニフティ以外のインターネット接続サービスを利用して送信または受信する電子メールに係るコンピューターウイルスの検知および駆除を行う機能をいいます。
      • ii.「オンラインWebアンチウイルス機能」とは、セキュリティセンターへ本デバイスまたはアシスタントツールにて接続時に、インターネット上のWebページへのアクセスに係るコンピューターウイルスの検知および駆除を行う機能をいいます。
      • iii.「不正侵入防止機能」とは、セキュリティセンターへ本デバイスまたはアシスタントツールにて接続時に、インターネット経由によるユーザーのインターネット接続環境へのアクセスにつき、ユーザーが要求したパケットのみ当該アクセスが可能となるようにフィルタリングを行う機能をいいます。
      • iv.「ウイルス・スパイウェアスキャン機能」とは、端末内のコンピューターウイルスおよびスパイウェアの検知および駆除を行う機能をいいます。 ※「スパイウェア」とは、重要情報の搾取またはコンピューターの利用者と利用環境提供者の意図しない動作を目的としたソフトウエアのことです。
      • v「フィッシング警告機能」とは、端末よりアクセスしたWebサイトが、フィッシングサイトである可能性を評価し、注意を促す機能をいいます。また、個人情報が含まれている可能性のある情報の送信に対し、注意を促す機能をいいます。
      • ※「フィッシング」とは、偽のWebサイトを使ってユーザーを誘導し、個人情報などの重要情報の入力を促す行為のことです。
      • vi「セキュリティ対策状況の診断機能」とは、端末のセキュリティ対策状況を診断し、表示する機能をいいます。

    • 第4条(オンラインメールアンチウイルス機能)

      1. オンラインメールアンチウイルス機能を利用することができるメールアカウントの数は、5個までとします。

      2. オンラインメールアンチウイルス機能により検知および駆除が可能なコンピューターウイルスは、ニフティが対応可能なものに限られます。

      3. ニフティ以外のインターネット接続サービスを利用されている場合、ニフティの提供する電子メールサービス以外の電子メールの送受信が行えない場合があります。

    • 第5条(オンラインWebアンチウイルス機能)

      1. オンラインWebアンチウイルス機能により検知および駆除が可能なコンピューターウイルスは、ニフティが対応可能なものに限られます。

      2. ニフティ以外のインターネット接続サービスを利用されている場合、ニフティ以外のWebページおよびインターネット上のサービスへのアクセスが行えない場合があります。

    • 第6条(不正侵入防止機能)

      1. ユーザーは、インターネット経由によるユーザーのインターネット接続環境へのアクセスにつき、ユーザーが要求したパケットのみアクセスを許可する目的に限り、不正侵入防止機能を利用することができるものとします。

      2. 不正侵入防止機能により検知および防止が可能な不正侵入は、端末へのTCP/IPによる接続要求を伴うものに限ります。

      3. ニフティは、ワーム型ウイルスの急速かつ広汎な伝播などの事情により、ユーザーの保護または他者の安全なインターネットの利用のために必要と判断した場合、ユーザーの同意を得ることなく、当該ユーザーのインターネット接続環境に対するパケットの送信を拒絶することがあります。この場合、当該ユーザーはインターネットの利用につき、制約を受ける場合があります。

      4. 不正侵入防止機能は、ニフティが定めた基本ソフト(OS)上でのみ動作いたします。

    • 第7条(ウイルス・スパイウェアスキャン機能)

      1. ウイルス・スパイウェアスキャン機能により検知および駆除が可能なコンピューターウイルス・スパイウェアは、ニフティが対応可能なものに限られます。

      2. ウイルス・スパイウェア対策ソフトウエアは、他社製セキュリティ対策ソフトがコンピューター上で動作していた場合は、正常にインストールされない、または動作しない場合があります。

      3. ウイルス・スパイウェアスキャン機能によって発見されたウイルスへの対応は、ニフティが定める対応方針の中からユーザーの責任において選択していただきます。

      4. ユーザーは、検知および駆除されたウイルス情報に関して、ニフティに情報を提供することに同意します。

      5. ニフティは、ユーザーから提供されたウイルス情報の集計、分析を行い、個人が識別・特定できないように加工したもの(以下「統計資料」といいます。)を作成し、新規サービスの開発等の業務の遂行のために利用、処理することがあります。また、ニフティは、統計資料を提携先等に提供することがあります。

    • 第8条(フィッシング警告機能)

      1. フィッシング警告機能は、接続先Webサイトがフィッシングサイトであるかどうかを、ユーザーがユーザー自身の意思により判断するための補助的情報のみを提供します。

      2. フィッシング警告機能は、すべてのフィッシングサイトを警告するものではありません。3.フィッシング警告機能を利用するか否か、又、警告が的確であるか否かによらず、ユーザーがフィッシングサイトにより受けた損害に対して、ニフティは一切の責任を負いません。

    • 第9条(セキュリティ対策状況の診断機能)

      セキュリティ対策状況の診断機能により動作していると判断されるセキュリティ対策は、ニフティが把握し、対応可能なものに限られます。

    • 第10条(本デバイス)

      サービスアダプターに接続できる本デバイスの台数および本デバイスの制御方法はニフティが決定できるものとします。

    • 第11条(サポート)

      1. ユーザーが本サービス利用中に、ウイルスを発信していることをニフティが検知した場合、ニフティは、ウイルスに感染している旨の通知をメールもしくは電話により行う場合があります。

      2. ニフティはウイルスの検知により知り得たユーザーの情報を、ユーザーサポートの目的に限り、利用するものとします。

    • 第12条(禁止事項)

      1. ユーザーは、営利性の有無を問わず、本サービスおよび本サービスに係るソフトウエアを利用する権利に関して、第三者に対して使用許諾、賃貸、貸与、譲渡、担保設定などを行わないものとします。

      2. ユーザーは、本サービスに係るソフトウエアのソースコードを解析し、リバース・エンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、修正、翻案を試みないものとします。

      3. ユーザーは、本サービス用のニフティの設備(通信設備、通信回線、電子計算機、その他の機器およびソフトウエアをいいます。)に無権限でアクセスし、またはその利用もしくは運営に支障を与える行為(支障を与えるおそれのある行為を含みます。)を行わないものとします。

      4. ユーザーは、本サービスに含まれる、日本および米国の輸出規制の対象となるものについて、輸出したり、輸出禁止国や輸出禁止国の関係者に対して提供したり開示しないものとします。

      5. ユーザーは、本サービスに関連した、ソフトウエア、ドキュメント、その他著作物を、修正、コピー、あるいはその二次的著作物を作成しないものとします。

    • 第13条(利用対象者)

      1. ユーザーは、当該ユーザーの家族(以下「利用対象者」といいます。)に対して、当該ユーザーが本サービスを利用するために設定したインターネット接続環境を経由して本サービスを利用させることができるものとします。利用対象者による本サービスの利用は、ユーザーによる利用とみなされます。

      2. ユーザーは、利用対象者以外の他者がユーザーの設定したインターネット接続環境を経由して、不正に本サービスを利用することのないよう、説明などを参考にして、必要な措置を講ずるものとします。

      3. 前項の不正な本サービスの利用が行われ、または行われた可能性があり、本サービスの提供または他者のインターネットの利用に支障を来たすおそれがある場合、ニフティはユーザーの同意を得ることなく、当該ユーザーによる本サービスの利用を停止することがあります。

    • 第15条(責任の制限)

      1. ニフティは、ユーザーの特定の目的に適合すること、期待する機能を有すること、期待する成果を実現すること、不具合を起こさないこと、および利用結果を含め、本サービスに関し、何らの保証も行いません。

      2. ユーザーが本サービスを利用することにより第三者に損害を与えた場合または第三者との間で紛争が生じた場合、および本サービスの利用に関しユーザーと利用対象者との間で紛争が生じた場合、ユーザーは自己の責任でこれを解決し、ニフティに迷惑を掛けないものとします。

    • 第16条(利用の終了)

      1. ユーザーが本利用規約に違反した場合、またはニフティが不適切と認める利用行為が行われた場合、ニフティは予告なく当該ユーザーによる本サービスの一切の利用を終了させることができるものとします。

      2. ユーザーは、本サービスの利用を終了することを希望する場合、ニフティが別途定める方法により、ニフティに対して申し出るものとします。なお、ユーザーは、月の途中で本サービスの利用を終了した場合であっても、当該利用終了月の対価の満額を支払うものとします。

      3. 本サービスの利用終了は、スマートサーブの利用契約、@nifty会員契約等の解約を伴うものではありません。これらのサービスについての解約も希望する場合、ユーザーは個々のサービス規約の定めに従い、解約手続をするものとします。

    • 第17条(その他)

      1. ニフティは、本サービスに関し、定期的もしくは臨時の点検(修復、改良を含みます。)、インターネット上の通信事情の変化またはニフティのシステム上の都合などにより必要があると判断したときは、本サービスを何ら予告なく停止し、または利用を制限することができます。

      2. ユーザーは、ニフティが任意に何ら予告なく本サービスの内容の変更および本サービスの中止をする場合があることに同意します。

    • 附  則

      本利用規約は、2016年4月4日より改訂実施されます。

最終更新日:2017年09月04日

トップ
に戻る