@nifty トップ  > 会員向けサービス  > セキュリティ@nifty  > セキュリティ特集記事  > @niftyセキュリティ相談室  > 第4回 セキュリティ対策ソフトのパターンファイル更新について
セキュリティ特集記事 @niftyセキュリティ相談室

第4回 セキュリティ対策ソフトのパターンファイル更新について

【質問】 セキュリティ対策ソフトのパターンファイル更新って本当に必要なの??
質問者: 47歳 男性 会社員
パターンファイルを更新してくださいとか定義ファイルの更新とか、いろんなところに書かれているけど、どうして更新する必要があるの??
【回答】 最新のウイルスに対応するために、絶対に更新してください。
カスタマーサポートデスク回答者:カスタマーサポートデスク
セキュリティ対策ソフトなどで更新を求められるパターンファイルには、各セキュリティ対策ソフトのメーカーなどが発見したウイルスの情報が登録されています(※)。パターンファイルは新しいウイルスが発見される度に新しい情報が追加され、それを元にパソコンのウイルスを検出しています。
もし、パターンファイルを更新しないと、新しいウイルスの情報がパソコンの中にはなく、メールやUSBからウイルスが侵入した場合に、検知されず、感染してしまうことになります。
パターンファイルの更新は、セキュリティ対策ソフト側で自動的に更新されるものがほとんどですが、更新する日時を指定するソフトもあります。自動更新されない場合には、短い期間(「毎日○時に」など)定期的に更新される設定をするように心がけましょう。
また、セキュリティ対策ソフトの更新期限が切れていると、パターンファイルの更新が行われなくなってしまいます。セキュリティ対策ソフトも、最新の状態で使うことをおすすめします。
※セキュリティ対策ソフトのメーカーやセキュリティに関する団体は、世の中で発生したウイルスの特徴をデータベースに登録します。
セキュリティ対策ソフトは、データベースに登録されたその情報からパターンファイルを作成し、合致するものをウイルスとして検出する仕組みになっています。

今回のポイント

  1. 1.セキュリティ対策ソフトのパターンファイルが最新か確認する
  2. 2.最新でない場合、パターンファイルを更新する
  3. 3.更新日時を指定して、短い期間で定期的に更新するよう心がける