@nifty トップ  > 会員向けサービス  > セキュリティ@nifty  > セキュリティ特集記事  > こんなサービスも安心・安全  > 第5回 Webフィルタ for Kids(前編)
セキュリティ特集記事 こんなサービスも安心・安全

第5回 Webフィルタ for Kids(前編)

2009年10月22日

本サービスは「Webフィルタ 月額版」として新しく生まれ変わりました。
有害サイトのフィルタリングは「Webフィルタ 月額版」をご利用ください

こんにちは。セキュリティ担当のNです。
第5回を迎えた「こんなサービスも安心・安全」。今回はWebフィルタ for Kidsの安心・安全についてお話を伺います。Webフィルタ for Kidsを担当されているOさん、よろしくお願いします。

Webフィルタ for Kids

Webフィルタ for Kids

Webフィルタ for Kidsは、Webフィルタリングソフトウエアの提供を行うサービスです。お子様に見て欲しくないホームページの閲覧を制限することができます。利用時間や、閲覧したホームページの確認も可能です。

こんにちは。よろしくお願いします。

まずWebフィルタ for Kidsというサービスについて教えてください。

Webフィルタ for Kidsは、子どもがパソコンでインターネットをするときに、いわゆる有害とされるホームページを表示させないようにするサービスです。

携帯電話事業者はフィルタリング義務付けとか、そういうニュースを見たことがあります。

そうですね。フィルタリングをパソコンでホームページを見るときに行うためのサービスです。

よくわかっていないのですが、フィルタリングとはどういうものですか?

ここで言うフィルタリングとは、ホームページの内容をソフトウエアが判別して閲覧の許可をしたり、遮断したりする機能のことです。

なるほど。でも何が有害で安全かなんて判断できませんよ。ソフトウエア側が勝手に「ここは有害っぽいぞ」と判断してすべて遮断してしまうのですか?

一般的に有害だと思われるホームページについては、あらかじめ設定してあります。このサービスではフィルタリング機能のカスタマイズが可能なので、有害と思われるページすべてを遮断するわけじゃないですよ。

カスタマイズできるのなら、ここは安全だから見てもいい、ここは危険だから見てはダメ!と設定できるわけですね。

フィルタリングするカテゴリを分けています。全部で32のカテゴリに該当するホームページをフィルタリングできます。安全か有害かの判断は、世界各国のメディアに関する研究や事例、お客様からの声などを踏まえ、日本国内で独自に考案された基準を用いています。基本的な6つのカテゴリについては、さらに5段階のレベル調節を行うことが可能です。詳しくはカテゴリの詳細ページをご覧ください。

どのような項目をフィルタリングできるんですか?

6つのカテゴリは、内容の幅が広いものに対応しています。例えば、「ヌード」というカテゴリひとつをとっても、成人指定サイトから身体的な生理現象の解説までさまざまなホームページがあるわけです。そのため、子どもたちの年齢など、ご家庭の事情に合わせて設定できます。

ご家庭の事情ということは、お子さんの年齢に合わせて設定する、などということですか?

もちろんです。最初に子どもがパソコンで…と言いましたが、年齢に合わせて、フィルタリングをしない、高校生は弱め、小学生は強めにフィルタリング、といったご利用環境に応じた設定を組むことが可能です。

それは安心ですね。どうもありがとうございました。

ちょっと!もう終わり?!Webフィルタ for Kidsの機能はまだまだあるんだけど。

ただフィルタリングするわけではないんですね!では、次回もWebフィルタ for Kidsについてお話を伺います。

今回のサービス担当者:O
Webフィルタ for Kids 担当者の一人
その他、主にセキュリティサービスの運用を担当。セキュリティサービスのサーバー運用など、裏方として日々活躍している。

こんなサービスも安心・安全 バックナンバー:

2010年09月09日 第8回 @nifty バックアップ V2(後編)
2010年08月09日 第7回 @nifty バックアップ V2(前編)
2009年11月19日 第6回 Webフィルタ for Kids(後編)
2009年10月22日 第5回 Webフィルタ for Kids(前編)
2009年09月17日 第4回 マイキャビ(後編)
2009年08月20日 第3回 マイキャビ(前編)
2009年07月16日 第2回 迷惑メール対策@nifty (後編)
2009年06月01日 第1回 迷惑メール対策@nifty (前編)