@nifty トップ  > 会員向けサービス  > セキュリティ@nifty  > セキュリティ・ウイルス情報一覧  > Microsoftセキュリティホール情報「MS10-042〜MS10-045」

Microsoftセキュリティホール情報「MS10-042〜MS10-045」

2010年7月14日

マイクロソフト社よりセキュリティホールの報告が4件ありました。 全4件のうち、3件が緊急(4段階中最も高い危険度)に指定されています。

  • セキュリティホールとは、パソコンの破壊や個人情報の漏洩・不正侵入などを許してしまうプログラム内の問題点のことです。これらのセキュリティホールを残しておくと、他人からパソコン内に不正な侵入をされ、個人情報が盗まれたり、パソコンが破壊されるといった被害にあう危険があります。

MicrosoftUpdateは、WindowsやOfficeを含むMicrosoft製品全体の修正プログラムを提供しています。以下から今すぐMicrosoftUpdateを行い最新の修正プログラムをインストールしてください。

  • Windows98/98SE/ME/XP/XP SP1/Vistaはサポート終了のため、新規の修正プログラムは提供されませんのでご注意ください。

危険度:「緊急」

種類: [MS10-042] ヘルプとサポートセンターの脆弱性により、リモートでコードが実行される
対象: Windows XP
Windows Server 2003
種類: [MS10-043] Canonical Display Driver の脆弱性により、リモートでコードが実行される
対象: Windows 7 for x64-based Systems
Windows Embedded Standard 7 for x64-based Systems
Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems
種類: [MS10-044] Microsoft Office Access の ActiveX コントロールの脆弱性により、リモートでコードが実行される
対象: Microsoft Office Access 2003
Microsoft Office Access 2007

危険度:「重要」

種類: [MS10-045] Microsoft Office Outlook の脆弱性により、リモートでコードが実行される
対象: Microsoft Office Outlook 2002
Microsoft Office Outlook 2003
Microsoft Office Outlook 2007

予防対策:
@niftyの総合セキュリティ対策サービス「常時安全 セキュリティ24」なら、セキュリティホールを狙ったハッカーの攻撃やウイルス感染を、不正侵入防止機能によりガードします。

ウイルスもセキュリティホールの通知もこれ1本で全部おまかせ