@nifty トップ  > 会員向けサービス  > セキュリティ@nifty  > @niftyからのお知らせ  > 年末年始はセキュリティ対策を万全に!

年末年始はウイルス・セキュリティ対策を万全にしましょう!

2010年12月21日
画像

クリスマスやお正月などのイベントが重なり、年末年始やお正月休暇にはウイルスやフィッシング詐欺の被害が多く発生します。被害を受けるだけではなく、あなたが加害者にならないためにも、適切なセキュリティ対策を行いましょう。


なぜ年末年始はウイルスが蔓延するの?

クリスマスのグリーティングカードや年賀状などをメールでやりとりすることが多くなり、例年そのようなメールを偽装したウイルス・迷惑メールが多く発信されます。一度ウイルス付きのメールが紛れ込むと、あなたの知り合いなどにも広がり、感染拡大のおそれが非常に高くなります。下記のような最低限のポイントを押さえて、年末年始を気持ちよく過ごしましょう。

休暇前にパソコンを最新の状態にしておきましょう!

年末年始の休暇中には、ご自宅はもちろん、外出先でモバイルパソコンによるインターネット利用の機会も増えるかと思います。「Windows Update」や「Microsoft Update」により、お使いのパソコンを最新の状態にして休暇に望みましょう。

  • 「Windows Update」を利用して、パソコンのセキュリティホールを確実に塞いでおきましょう。

基礎知識:あなたのパソコンは最新の状態ですか?

「Windows Update」「Microsoft Update」はこちらから

休暇中にはメールに注意しましょう!

クリスマスのグリーティングカードや年賀メールなどで、ウイルスメールやフィッシング詐欺メールの増加が予想されます。以下のセキュリティ対策を行うことで、気持ちよく休暇を過ごしましょう。

  • メールの添付ファイルに潜むウイルスにご注意ください。
    タイトルや差出人に身に覚えがないメールは開封せずに削除しましょう。
  • フィッシング詐欺メールにご注意ください。
    銀行やクレジット会社を装ったメールには注意してください。
    IDやパスワードの入力を催促するメールは、必ず内容を銀行やクレジット会社に電話で確認しましょう。

基礎知識:メールを簡単に開いていませんか?

休暇明けにはパソコンの状態を確認!

長期の休暇で会社や家のパソコンを長い時間立ち上げていない場合、ウイルス対策ソフトの定義ファイルが古い状態のため、利用前の注意が必要です。

  • ウイルス対策ソフトの定義ファイルを更新してください。
    必ずウイルス対策ソフトの更新を行い、定義ファイル・パターンファイルを最新の状態にしてからパソコンを利用しましょう。また、ウイルスチェックを行ってからパソコンを利用することをおすすめします。
  • USBメモリーは必ずウイルススキャンしてから使用してください。
    休み中の写真データなどをUSBメモリーでパソコンにコピーする前に、ウイルススキャンを行うようにしましょう。USBメモリでデータを受け取る時も同様に注意しましょう。

[セキュリティ相談室] 第4回 セキュリティ対策ソフトのパターンファイル更新について

[セキュリティ相談室] 第6回 USBメモリを使うとウイルスに感染するの?

セキュリティ対策を万全にして、よい年末年始をお過ごしください。


予防対策:
@niftyの総合セキュリティ対策サービス「常時安全 セキュリティ24」なら、セキュリティホールを狙ったハッカーの攻撃やウイルス感染を、不正侵入防止機能によりガードします。

ウイルスもセキュリティホールの通知もこれ1本で全部おまかせ