ツールバートップ > ヘルプ > 設定の変更方法

設定の変更方法

表示の設定


  • ボタンの追加・削除と並べ替え
    表示の設定@niftyツールバーのボタンの追加、削除や、ボタンの並び順の設定ができます。 @niftyツールバーにボタンを追加する場合は、追加したいボタンを左側の「利用できるボタン」から選択して、「追加」ボタンを押してください。削除したい場合は、削除したいボタンを右側の「表示中のボタン」から選択して、「削除」ボタンを押してください。 また、@niftyツールバーのボタンの並べ替えを行う場合は、並べ替えをしたいボタンを右側の「表示中のボタン」から選択して、「上へ」または「下へ」ボタンを押してください。
  • ボタン名の表示
    ツールバーのボタンの横に表示されているボタン名の表示、非表示の設定ができます。
    「ボタン名の表示」のプルダウンメニューから「主なボタン名のみ表示する」「ボタン名を表示する」「ボタン名を表示しない」を選択してください。
  • ボタンのキャラクター
    @niftyツールバーの「検索」ボタン、「メール」ボタン(メール着信時)、「瞬!ワード」(更新時)に表示されるキャラクターの設定ができます。
    「ボタンのキャラクター」のプルダウンメニューから「キャラクターなし」「犬」「猫」「鳥」「ロボット」「ビッピィ」「Zくん」を選択してください。
  • ボタンのキャラクターをインターネット検索結果でも表示する
    選択したキャラクターをインターネット検索結果画面にも表示するように設定ができます。
  • 新機能ツールバーの縦幅を小さくする(Ver.2.83〜)
    ※設定変更後にブラウザーの再起動が必要になります。
    ツールバーの高さを変更できます。

検索の設定


  • 検索履歴保存件数
    検索の設定 検索履歴の保存件数設定ができます。「保存件数」のプルダウンメニューから「検索履歴を保存しない」「100件」「200件」「300件」を選択してください。 @niftyツールバーのインストール時は「100件」に設定されています。
  • 保存期間
    検索履歴の保存期間設定ができます。 「保存期間」のプルダウンメニューから「ブラウザーを閉じても履歴を保存」「ブラウザーが閉じられるまで履歴を保存」を選択してください。 @niftyツールバーのインストール時は「ブラウザーを閉じても履歴を保存」に設定されています。
  • 検索結果を新しいウインドウで表示する
    @niftyツールバーの検索結果を、常に別のウインドウで表示するように設定ができます。
  • 接続エラーの際、インターネットで検索する
    アドレスの入力を間違った場合などサーバーに接続できなかった場合、そのサーバー名でウェブ検索を行います。
  • ウェブでの検索キーワードも保存する
    @niftyツールバーの検索窓以外から検索したキーワードを、検索窓と検索履歴に自動で反映します。
  • 新機能マウスで選択したキーワードを検索窓に表示する(Ver.2.80〜)
    マウスでなぞって選択したキーワードを、検索窓に自動で反映する「なぞる検索」の設定ができます。
    なぞる検索」を無効にする場合は、チェックを外してください。
  • 新機能キーワード候補を表示する(Ver.2.90〜)
    数文字入力しただけで、多くの人が入力しているキーワードを候補として表示します。
    キーワード候補表示機能を無効にする場合は、チェックを外してください。

通知の設定


  • メール着信設定
    通知の設定 @niftyツールバーにログインした状態で、新しいメールが届いた時に表示されるポップアップウインドウの設定を変更します。 「メール着信時にポップアップで通知する」のチェックボタンを外すとウインドウは表示されません。 また新しいメールが届いた時の効果音のON/OFFの設定ができます。
  • 瞬!ワード更新設定
    「瞬!ワード」が更新された時の効果音のON/OFFの設定ができます。 また1位の瞬!ワードをツールバー上に表示しない設定ができます。
ログイン設定

ログイン設定


  • ユーザー名/IDとパスワードを記憶する
    チェックを入れることで、入力したユーザー名/ユーザーID、およびログインパスワードをツールバーに記憶させることができます。それにより、ツールバーの「ログイン」ボタンを押した際には、ユーザーIDとパスワードがすでに入力された状態で表示されるようになります。@nifty 会員はメールなど@niftyのサービスをユーザーID/パスワードの入力なしにご利用いただけるようになります。
  • ログイン時はログアウトボタンを隠す
    ログイン中、ログアウトボタンは表示しません。表示しない場合でも、ログアウトはツールバー左端の「@niftyメニュー」から行うことが可能です。
  • ログイン後ページ遷移を行う
    ログイン完了後、自動でアット・ニフティトップページやマイニフティに移動することが可能です。

右クリックメニュー

右クリック設定


ホームページ上で右クリックした時に表示されるメニューの追加・削除の設定ができます。 ※設定を有効にするためにはブラウザーの再起動が必要です。
  • 右クリック設定右クリックメニュー
    ・ @searchで検索
    ・ ココログ クイック投稿
    ・ 辞書で調べる
    ・ ページを日本語に翻訳
    ・ ページを英語に翻訳
    ・ 選択範囲を日本語に翻訳(
    ・ 選択範囲を英語に翻訳(
    ・ 選択された単語をハイライト
  • ※選択範囲の翻訳メニューは、テキスト選択時のみご利用いただけます。
     初回インストール時には「@searchで検索」「ページを日本語に翻訳」「選択範囲を日本語に翻訳」が右クリックメニューに追加されています。そのほかの検索や辞書機能を利用する場合は、「ツールバーの設定」の「右クリック設定」で機能の追加や削除を行うことができます。
  • ご利用方法
    表示中のページ内で、調べたいキーワードを選択した状態で右クリックメニューを表示させ、各メニューをクリックしてください。 選択されたキーワードの検索結果が表示されます。(テキストを選択していない場合は、各検索機能のトップページが表示されます。) ページ翻訳はテキストを選択しない状態でもご利用いただけます。

フィッシング警告設定


  • フィッシング警告許可設定について
    フィッシング警告の設定 フィッシング警告を行わないように設定しているサイトを、設定画面で確認することができます。 設定画面を表示するには、@niftyツールバーのアット・ニフティロゴの右側にある▼を押して、メインメニューを開いて、「ツールバーの設定」を選択してください。 「フィッシング警告」タブを選択すると、フィッシング警告を行わないサイトのリストが表示されます(最初は登録されているサイトがない状態になっております)。
    サイトをリストから削除したい場合は、削除したいサイトを選択して「削除」ボタンを押してください。 また「初期設定に戻す」ボタンをクリックすると、全サイトが削除されます。

広告ブロック設定


@niftyツールバーのポップアップ広告ブロック機能は、サイトを見ている時に自動的に表示される広告などのポップアップ・ウインドウを表示しないようにする機能です。特定のサイトのポップアップ・ウインドウはブロックしないなど、詳細な設定が可能になっています。
  • ご利用方法
    広告ブロックボタン@niftyツールバーをインストールした時(またはバージョンアップした時)は、ポップアップ広告ブロック機能は無効になっております(ポップアップ・ウインドウを表示する設定になっております)。
    ポップアップ広告ブロック機能をご利用になるためには、広告ブロックボタンをクリックして「ポップアップ広告ブロック機能を有効にする」を選択してください。
    (広告ブロックボタンの表示位置は実際のものとは異なる場合があります。)
    無効時の広告ブロックボタン無効時の広告ブロックボタン 有効時の広告ブロックボタン有効時の広告ブロックボタン
    ポップアップ広告ブロック機能が有効になり、ポップアップ・ウインドウをブロックした時には、広告ブロックボタンとマウスカーソルが以下のように変化して、ブロックしたことをお知らせします。
    広告ブロックボタンの右横の数字は、ブロックしたポップアップ・ウインドウの数を表しています。 ※ブラウザーを再起動すると数字はリセットされて「0」からスタートします。
    広告ブロック時のボタン広告ブロック時のボタン 広告ブロック時のマウスカーソル広告ブロック時のマウスカーソル

  • 特定サイトのポップアップ・ウインドウをブロックしないようにする
    広告ブロックボタン特定のサイトのポップアップ・ウインドウをブロックしないようにする場合は、広告ブロックボタンをクリックする、または広告ブロックボタンの右側にある「▼」を押してメニューを開き、「このサイトのポップアップ広告をブロックしない」を選択してください。
    広告ブロックしないサイトでのボタン広告ブロックしないサイトでのボタン
    広告ブロックボタン以降はそのサイトのポップアップ・ウインドウをブロックしないようになります。 再度サイトのポップアップ・ウインドウをブロックするようにしたい場合は、広告ブロックボタンをクリックする、または広告ブロックボタンの右側にある「▼」を押してメニューを開き、「このサイトのポップアップ広告をブロックする」を選択してください。
  • ポップアップ広告ブロック機能を無効にする
    広告ブロックボタンポップアップ広告ブロック機能を無効にしたい場合は、広告ブロックボタンの右側にある「▼」を押してメニューを開き、「ポップアップ広告ブロック機能を無効にする」を選択してください。
  • ポップアップ広告許可設定について
    ポップアップ・ウインドウをブロックしないように設定しているサイトを、設定画面で確認することができます。 設定画面を表示するには、@niftyツールバーのアット・ニフティロゴの右側にある▼を押して、メインメニューを開いて、広告ブロック設定「ツールバーの設定」を選択してください。 「広告ブロック」タブを選択すると、「ポップアップ広告許可設定」をしているサイトのリストが表示されます(最初は登録されているサイトがない状態になっております)。
    サイトを「ポップアップ許可設定」のリストから削除したい場合は、削除したいサイトを選択して「削除」ボタンを押してください。 また「初期設定に戻す」ボタンをクリックすると、「ポップアップ広告許可設定」に登録されているサイトが初回インストール時の設定に戻ります。


ティッカー設定

ティッカー設定


  • ティッカーを表示する
    ティッカーを表示するかしないか設定を行います。
  • ティッカーをスクロールさせる
    ティッカーに表示される文字をスクロールさせるかどうか設定を行います。
  • ティッカーのデザイン
    ティッカーのデザインを選択します。
  • ティッカーに表示する項目
    ティッカーに表示したい項目を選択します。「上へ」「下へ」ボタンで順序を入れ替えることも可能です。

@niftyツールバー トップへ戻る